Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説 | 原子力を利用する日本のエネルギー計画の見直し

社説 | 原子力を利用する日本のエネルギー計画の見直し

次の日本についての議論が始まっています。」エネルギー戦略計画「これは国のエネルギー政策の基本的なガイドラインを定めることになる。当局は今年度中に、2040年度に向けたエネルギー源の最適な組み合わせを考慮して現在の計画を見直すことになる。

ロシアのウクライナ侵攻はエネルギー情勢を完全に変え、エネルギー安全保障の重要性をさらに高めています。 次期計画では、脱炭素化と安価で安定したエネルギー供給を両立させる戦略が必要だ。

この野心的な目標を達成するには、原子力発電所の使用を増やさなければなりません。

第7次エネルギー基本計画を議論するための専門家会合が5月15日に東京で開かれる。 (©産経・小田厚)

日本のエネルギーへの取り組み

岸田政権は2022年12月にまとめた「グリーントランジション基本政策」で原子力を最大限に活用する方向に舵を切った。 さらに、原子力発電所は、将来予想される電力需要の大幅な増加にも対応することができます。 人工知能の普及などにより、このニーズの高まりが予想されます。

現在の基本計画では、2030年度にエネルギー構成の20~22%を原子力が占めることになっている。しかし、2022年度の実際の数字は5.6%にすぎなかった。

原子力利用を拡大するには、新規制基準をクリアした原子力発電所を着実に再稼働していく必要がある。 同様に、既存の施設を改修し、新しい原子力発電所を建設する必要があります。 政府には、このことを次期計画の中で明確に示した上で、率先して取り組んでいただきたいと考えております。

脱炭素化を推進するには、もう一つ解決すべき課題があります。 これは再生可能エネルギーの投入範囲の拡大につながります。 しかし、天候の変化に左右されやすい再生可能エネルギーの導入を進めれば、国内のエネルギー供給は不安定なままになることは避けられません。 また、再生可能エネルギー施設の立地を巡る地元住民との摩擦も増大している。

さらに、他の送配電ネットワークの問題の解決についても議論する必要がある。 例えば、蓄電池の設置に関する課題への対応。

イタリア・トリノで30日、G7気候・エネルギー・環境大臣会合後に記者会見する斉藤経済産業相ら。 (YouTube経由)

非石炭火力発電所の開発

また、石炭を燃やして発電する場合、二酸化炭素の排出量が膨大になるため、その是非を検討する必要がある。 G7気候・エネルギー・環境大臣は段階的廃止計画に合意した。 二酸化炭素排出量を削減する措置を講じていない石炭火力発電所を2035年までに段階的に廃止するとしている。しかし、2022年度時点でも日本は電力需要の30%以上を石炭火力に依存し続けている。

日本も石炭とアンモニアを混ぜて燃やしても二酸化炭素を排出しない技術の開発も進めています。 この技術が期待通りに機能すれば、石炭火力エネルギーの比率が高いアジア地域の脱炭素化に貢献できるはずだ。

政府は2024年末までに新たなエネルギー戦略を策定する予定である。最も重要なことは、これが2040年までの脱炭素化と産業政策の方向性を定めることになる。この将来のエネルギー計画に沿って、企業の投資を支援し、促進することも必要である。 日本の国内産業の競争力。

小泉純一郎 地球温暖化小泉純一郎 地球温暖化
大崎コルギン工場が日本のクリーンコール技術をテスト広島県(J-POWER提供)

関連している:

(社説を読む 日本語で。)

著者: 編集委員会 産経新聞

READ  自動運転の日本の建設機械はGPSなしで独自の道を見つける