Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説 | 国連気候変動会議(COP28)で日本とアジアにとって最適な解決策を探る

社説 | 国連気候変動会議(COP28)で日本とアジアにとって最適な解決策を探る

11月30日(木)、第28回締約国会議が開催されました。 気候変動に関する国連枠組条約 ドバイにオープン。 COP28として知られるこの会議は12月12日まで開催される。

岸田文雄首相も第1回首脳会議に出席した世界首脳の一人だった。 地球温暖化防止を目的としたカーボンニュートラル社会の実現への取り組みは、各国間の熾烈な経済競争と密接に関係しています。 議論の際にはこの事実を考慮する必要があります。

首脳級会合では太陽光などの再生可能エネルギーを2030年までに倍増させるという目標が主要議題となる見通し。 首脳会談は会議の雰囲気を決めることになる。 UAEは今年の国連気候変動会議(COP28)の議長国を務めており、太陽エネルギー構想を提案している。

これは産油国UAEにとって不利な目標のように見えるかもしれない。 しかし、再生可能エネルギーによる不平等な発電を相殺するには、依然として熱エネルギーの生産が必要です。 後者は発電量が不安定になりやすい。

したがって、世界の天然ガス需要はなくなることはありません。 産油国にとって、再生可能エネルギーの拡大は、ガスや石油の輸出と両立する脱炭素政策となる。

11月30日の国連気候変動会議(COP28)出席のため出発前、記者団の質問に答える岸田文雄首相。 (©産経・春名あたる)

日本の条件に合わせて

しかし、日本にとって、再生可能エネルギーの量を3倍にすることは非常に困難です。 土地面積は限られており、再生可能エネルギー施設を追加する余地はほとんどありません。

政府は洋上風力発電に大きな期待を寄せている。 ただ、冬季の海上整備や落雷への対応などには懸念が残る。

また、原子力発電所の再稼働の遅れにより、日本はエネルギー供給構成の75%を火力発電に依存しています。

日本も地政学的な制約を受けている。 電力の安定供給と脱炭素化を実現するには、安全性を高めた原子力発電が最適です。 しかし、そのためには日本政府の原発再稼働への積極的な姿勢が不可欠である。

COP28では、二酸化炭素やその他の温室効果ガス(GHG)削減におけるすでに達成された進捗度が、各国が行った2030年の削減約束と照らし合わせて評価される。 目標は、今世紀末までに地球の気温上昇を摂氏1.5度に抑えることだ。 この目標を達成するには、2030 年までに温室効果ガス排出量を 43% 削減することに取り組む必要があります。

広告


2023年1月16日、アラブ首長国連邦のアブダビで、「COP28に向けた気候変動対策で団結」をテーマとしたアブダビ持続可能性週間(ADSW)の開会式中にスクリーンに表示される「Cop28 UAE」のロゴ。(© Reuters /Rula Rouhana/写真アーカイブ)

代替テクノロジーを捨てないでください

COP事務局によると、全参加国の目標を合わせても削減量は2%にとどまる。

さらに、この夏、世界はセンセーションを目撃しました。 日本はすでに温室効果ガスを最大46%削減すると約束している。 しかし、発展途上国が先進国に対してさらなる排出削減を要求することは確実である。 日本がそのような要請に応じるのは愚かなことだ。

日本が排出する温室効果ガスの量は世界の総排出量の3%を超えません。 日本に高効率技術が導入されれば、大規模な温室効果ガス削減への道が開かれることになる。 アジアで一般的な旧式石炭火力発電の排出削減に役立つだろう。

賢明な国や地域は賢明に行動します。 政府が外国の要求に応じて再生可能エネルギーを拡大し、温室効果ガスの排出を削減すれば、日本の国力はさらに低下するだろう。 この事実を私たちは忘れてはなりません。

関連している:

(社説を読む 日本語で。)

著者: 編集委員会 産経新聞

READ  放棄されたボードゲームからジャンルの誕生まで:40歳のサッカーマネージャー