Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説 | 日銀の新たな金融政策が景気回復を妨げるべきではない

社説 | 日銀の新たな金融政策が景気回復を妨げるべきではない

日本銀行(BOJ)は金利正常化に向けて新たな一歩を踏み出した。 今春初め、金利が上昇し始め、前例のない金融緩和姿勢からの転換を示唆した。

6月14日、日本銀行理事会が開催されました。 金融政策決定会合。 注目すべきは、長期金利を低く抑えるために目指していた国債買い入れ額の削減を決定したことだ。

次回7月末の取締役会では、今後2年間の段階的な削減計画を決定する予定だ。 金利も引き上げる可能性がある。

日銀は3月の会合でマイナス金利政策を終了した。 ただし、国債購入額は従来の月額6兆円(約380億米ドル)の水準を維持した。 そうすることで、長期金利の急激な上昇を回避できると期待している。 この最新の決定により、日本銀行は現在、金利だけでなく「量的」政策の引き締めに向けて動いている。

日本の景気回復を見守る

インフレ懸念は根強いものの、米国では賃金が上昇 汕頭 春闘は広範囲に広がり、経済活動は引き続き好調だ。 金融政策が危機への長期的な対応段階から離れるのは当然だ。

しかし、この新たな「金利の世界」が行き過ぎて景気回復を妨げれば、逆効果となる可能性がある。 日銀は市場の混乱を招かないように慎重に利下げのタイミングを決め、政策を運営しなければならない。

日銀の上田和夫総裁は14日、東京都内で記者会見した。 (©産経・岩崎奏太)

日銀の上田和夫総裁は14日の会合後の記者会見でこう説明した。 「量を減らすことにしました」 [of purchases] 長期金利が市場でより自由に形成できるようにするためだ。」

正常な市場機能の回復

日銀が巨額の株式を購入… 量的緩和による国債。 その後、国債市場では適切な金利水準を判断することが困難になった。 日銀が買い入れ額の削減を続けることで、市場のパフォーマンスは着実に回復するはずだ。

上田知事は削減額は「適切な水準」になると述べた。 日銀は7月会合で、国債買い入れ計画の削減水準とペースを明確にする必要がある。

現在、日銀の国債購入額は約600兆円(380億ドル)に上る。 最終的には、これらの債券の購入をやめ、さらには売却を開始する時期が来るでしょう。 日銀には市場参加者の声に耳を傾け、今後の方向性を明確に示してもらいたい。

為替と円安

国債市場に加えて、外国為替市場も監視する必要がある。

日本銀行の金融政策は、為替レートに影響を与えることを目的として設定されているわけではありません。 しかし、日米の大きな金利差が円安の決定的な要因となった。 問題は、債券購入額の削減が金利上昇と円高につながるかどうかだ。

6月12日の前回の連邦公開市場委員会(FOMC)で、FRBは2024年に実施される可能性がある利下げ回数の予想を3回から1回に引き下げた。

米国利下げの可能性はまだ遠いものの、円安傾向はしばらく続く可能性がある。 日銀はまた、この傾向が日本経済全体に与える影響を慎重に評価する必要がある。

関連している:

(社説を読む 日本語で。)

著者: 編集委員会 産経新聞

READ  プレビュー-日銀は金利を引き上げ、価格予想を下げるという世界的なトレンドに挑戦する