Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福岡で取り壊された日本式の歴史ある旅館、地元の人々が封鎖を悼む



このレンダリングされた写真では、博多にある和風旅館鹿島本館が解体前に福岡で見られます。

福岡市-地元の人々は、コロナウイルスのパンデミックのせいで訪問者が急減したために作業が中止された後、日本の南西部の博多区にある古いマチハ農村旅館鹿島本館の取り壊しを嘆いた。

大正時代(1912-1926)から昭和初期(1926-1989)まで櫛田神社の参道に沿って茶室風の木造住宅が建てられました。 太平洋戦争中は「大成館」と名付けられた神風特攻隊員の住居となり、戦後は連合軍の住居として使用されました。 1953年に鹿島本館として再スタートし、オーナーが交代して以来、70年近く旅行者をお迎えしてきました。

旅館の正門と客室の建物は、2007年に福岡で最初に有形の国家文化財として登録されました。市内中心部に残っている数少ない真の日本式ホテルの1つとして、鹿島本館はとても人気がありました。その新規ゲストには、日本建築に興味のある海外からの多くの人々だけでなく、国内の観光客や学校旅行の学生も含まれていました。

しかし、日韓の冷淡な関係とパンデミックの中で顧客数が減少したため、2020年6月に旅館は営業を停止したと、3代目オーナーの吉田豊さん(67)は説明した。 ホステルは今年の5月に取り壊され、現在は駐車場になっています。

同スイートのフォトショップオーナー、立志武康さん(69)は、旅館がなくなったと語った。 明治末期(1868-1912)に建てられた彼の店も、マキアのタウンハウスのスタイルです。 彼の店と家はどうやら「夏は冷房が不要で、冬でも石炭ストーブのように部分的に暖房する必要がない」ようです。

たてしは近所の町家がなくなってしまうのではないかと心配している。

「これは国連の持続可能な開発目標(SDGs)が大切にされている時代です。マキアのメリットを建築の観点から研究し、その保存に努めるムードが生まれることを願っています」と彼は語った。 。

(九州ニュース課松田浩三による日本語原作)

READ  日本のCovid-19ワクチン予約システムが崩壊し、問題が悪化している