Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福島からの下水流出で数千匹の死んだ魚が日本に打ち上げられる?

福島からの下水流出で数千匹の死んだ魚が日本に打ち上げられる?

これは、中国と韓国で共有されたビデオが主張していることです。 しかし、これは日本が太平洋に放出する半年以上前に撮影された古いビデオです。

このビデオはソーシャルメディア上で、特に中国と韓国のユーザーによって何十万回も共有された。

広告

2023年8月24日に東京が福島原子力発電所からの下水の放出を開始した後、数千匹の死んだ魚が海岸近くに浮かんでいるのが示されている。

「彼らは福島からの避難初日に魚を核廃棄物に分類すべきだと言っている。」 とフェイスブックユーザーは語った。

このクリップはTikTokでも共有されましたある記述は、その光景を「日本における核汚染水の放出」と表現した。

中国と韓国からの大反発とパニック

福島原発は2011年の地震後の津波で被害を受け、施設内の水が高濃度の放射性物質で汚染された。

災害後も会社は存続する 発電所 東京電力原子炉を冷却するために水がポンプで送られます。

これは、同工場が毎日、500以上のオリンピックプールを満たすのに十分な量の汚染水を生成していることを意味する。

同国の当局者らによると、その保管スペースは枯渇するだろう。 彼らはやり直すしかないと言います 排水処理 太平洋の内側。

処理済み下水の放出は日本の近隣諸国から批判と警戒を招いている。

中国、日本産水産物の輸入を全面禁止 そして、放射能汚染への恐怖から、韓国の多くの都市で魚介類のパニック買いや不買運動が起きている。

古いビデオは 6 か月前に撮影されました

しかし、逆画像検索をしてみると、 Douyin のオリジナルビデオ中国のTikTokに相当するものは、下水の放出とは何の関係もありません。

日本が下水放流を開始する半年前の2023年2月7日に発表された。

広告

AFP管理 シーンが撮影された場所を特定する。 糸魚川市の筒子漁港近くの海岸で撮影されました。

この市は日本の西部に位置し、原子力発電所の対岸にあり、280キロメートル離れています。

地元当局者がAFPに語った。 約250トンの魚の死骸が見つかったが、死因は不明だった。

READ  NJPW「ニュージャパンカップ」結果:ヴェッターズレビュー 真田vs太一、内藤哲也vsエル・ファンタズモ、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、本間朋樹vs石井智宏、古藤浩貴、ヨシ~ニュージャパンカップ初~ラウンドマッチ橋