Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福島のオペレーターは、汚染された水を排水するために海底トンネルを建設します| 日本

運命の日本のオペレーター 福島 原子力発電所は、100万トン以上の処理水をサイトから海に放出するために海底トンネルを建設する計画を明らかにしました。

日本政府が4月に蓄積した水を2年以内に放出することを決定した後、水曜日に1キロメートルのトンネルを建設する計画が発表されました。

大臣は、水は放射性元素のほぼすべてを除去するために処理され、希釈されるため、放出は安全であると述べています。

しかし、4月の決定は近隣諸国からの怒りの反応と地元の漁業コミュニティからの激しい反対を引き起こしました。

東京電力(TEPCO)は、実現可能性調査を実施し、当局の承認を得た後、2022年3月までにトンネルの建設を開始すると発表した。

直径約2.5メートルで、約127万トンの処理水を保持するプラントの貯水池から東に太平洋に伸びます。

これには、2011年の大津波の影響で倒壊した後に麻痺した植物を冷却するために使用された水、および毎日そこに浸透する雨と地下水が含まれます。

包括的なポンプおよびろ過システムは、毎日大量の新たに汚染された水を抽出し、ほとんどの放射性元素をろ過します。

しかし、漁業コミュニティは、水を解放することで、シーフードへの信頼を回復するための長年の作業が取り消されることを恐れています。

駅の廃止措置責任者である小野晃氏は水曜日に、トンネルを通して水を放出することはそれが上陸するのを防ぐのに役立つだろうと言った。

小野氏は記者団に対し、「水産業関係者の懸念を和らげるために、安全方針やレピュテーションリスク対策について徹底的に説明する」と述べた。

東京電力は声明のなかで、リリースに関連する評判に損害賠償を支払う準備ができていると述べた。

また、国際原子力機関の打ち上げ安全検査を受け入れると述べた。 代理店はすでに日本の決定を支持しています。

菅義偉首相は、原子力発電所の廃炉という数十年にわたるプロセスにおいて、水処理は「避けられない仕事」であると述べた。

敷地内の貯蔵スペースが不足したため、水をどのように扱うかについての論争は何年にもわたって激しさを増しています。

ろ過プロセスはほとんどの放射性元素を水から除去しますが、トリチウムを含むいくつかは残ります。

専門家によると、この元素は大量に人間に害を及ぼすだけであり、希釈すると、処理水は科学的に検出可能な危険をもたらさないという。

READ  カップルはすぐに喧嘩し、バルコニーから25フィート離れて落下し、死を恐れないダイビングで生き残る - 世界のニュース