Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福島原子力発電所からの水を排水する日本の計画は反対に直面している 太平洋 – ラジオフリーアジア

福島原子力発電所からの水を排水する日本の計画は反対に直面している 太平洋 – ラジオフリーアジア

地域のリーダーは、太平洋の島嶼国の当局者が、太平洋の津波によって荒廃した福島第一原子力発電所からの計画された放水を阻止するために、3月に日本の首相と会談すると述べた。

40年以上にわたって福島の水を投棄する計画は、日本と太平洋島嶼国との間の緊張の源であり、中国の影響力が増大するにつれて、米国とその同盟国による太平洋地域への新たなコミットメントを示すための努力を複雑にする可能性がある.

予定されている人員削減は「非常に深刻な問題であり、私たちの指導者たちは何としても阻止しなければならないことに同意している」と、18 カ国からなる太平洋諸島フォーラムのヘンリー・ボナ事務局長は木曜日、首都ホニアラでの記者会見で述べた。ソロモン諸島。

日本政府の福島水域の廃止措置のタイムラインは、数十年にわたる被災した発電所の廃止措置の一環として、打ち上げが今年の 4 月には開始される可能性があることを示しています。 2011 年の津波で損傷した原子炉からの汚染水は、福島沿岸の発電所にある何十もの大型タンクに保管されています。

日本 方法 設定あり 汚染された トリチウムを除くすべての放射性元素を規制レベル以下に削減すると言われている高度液体処理システムとして知られる浄化プロセスを通じて水を処理します。 処理された水は、トリチウムのレベルを下げるために 100 倍以上に希釈されます。これは、暗闇で光るライトやマーカーを作成するために使用される放射性水素です。

日本の当局と福島原発の運営会社である東京電力は、海洋に放出された放射線は、環境で自然に発生する放射線のほんの一部であると述べました。

国際原子力機関は、原子力エネルギーの安全な使用を推進していると自称する国連機関であり、福島のプロセスは技術的に実現可能であり、国際慣行と一致していると述べた。

太平洋諸島の指導者たちは、放出が安全であると確信しておらず、一部の科学者は福島原発に備蓄を続けるよう求めている 扱う 放出されるのではなく、現場で水。

日本は、原子炉の燃料デブリを冷却するために使用される水と地下水汚染から、約2週間ごとにオリンピックプールに十分な量の放射性水が生成されるため、保管スペースが不足していると述べました。

データの疑い

先週、太平洋諸島フォーラムと協力している 5 人の科学者が、東京電力から受け取ったデータの質を批判しました。 扱う タンク内の水と 彼は、パージがどれほどうまく機能するかについて疑問を表明した.

4 年間で、タンクの 4 分の 1 のみが放射線のテストを受け、テストで 64 種類のうち 9 種類以上の放射線がカバーされることはめったにありませんでした。 それはテストされるべきですウッズホール海洋研究所の主任科学者であるケン・バッセラーを含む5人の科学者は、次のように述べています。

「事故はまだ終わっていません。これらは原子炉の通常の操作ではありません。したがって、操作が安全であり、環境に害を及ぼさないことを証明するために、並外れた努力をしなければなりません。」

太平洋諸島フォーラムは、科学者たちを独立した核の専門家と呼んでいます。 フォーラム事務局は、科学者がフォーラムでの仕事に対して支払われるかどうかについての質問に答えませんでした.

オーストラリアのカーティン大学の材料科学者で元原子炉技師であり、フォーラムには助言していない Nigel Marks は、東京電力のデータがより完全であるかもしれないという懸念に同情的であると述べた。

しかし同時に、日本独自の立場を認めなければならない。 当局は、テクノロジーが許す限り最善を尽くしてきました。 最終的には、貯蔵する水が十分にあるところまで到達します。」

ブナ氏は、太平洋島嶼代表団が3月7日頃に日本の岸田文夫首相と会談すると述べた。 そして彼らは、より多くの研究が行われている間、少なくとも水の放出を遅らせたいと思っている.

「提案されたバージョンの安全性または安全性に関する科学的証拠には深刻なギャップがあります」とボナは言いました. 「日本の首相が、私たちの地域のハイレベル代表団と会うことに最終的に同意したことを嬉しく思います。」

ブナ氏は、何十年にもわたるフクシマの流出は、「私たちの生活、漁業、そして私たちの文化とアイデンティティーにおいて海に大きく依存し、つながっている人々としての私たちの生活に害を及ぼす可能性がある」と述べた。

1946 年にマーシャル諸島のビキニ環礁で行われたオペレーション クロスロードの核実験中にキノコ雲が立ち上る。クレジット: ロイター / 米国議会図書館 / ロイター経由の配付資料

オーストラリアのローウィ研究所の太平洋アナリストであるミハイ・ソラ氏は、太平洋島嶼国にとって、核兵器の実験と太平洋での廃棄物の投棄という「有毒な遺産」を考えると、これ以上厄介な提案を想像するのは難しいと述べた.

「地域の地政学的競争の中で、伝統的な大国が太平洋にとって最良のパートナーは誰であるかを証明するために自分自身に投影しているタイミングは、ほとんど悪いことはありません.

米国、英国、フランスは、1946 年から 1966 年にかけて、太平洋で 300 回以上の核爆発を実施したと、ニューヨークのペース大学の国際軍縮研究所によると、数千人の軍人および民間人が放射線にさらされ、いくつかの環礁が形成されました。環礁。 住めない。

ソラ氏は、「太平洋への日本の関与に対する何十年にもわたる苦労して獲得した地域の善意が、この単一の政策イニシアチブによって危険にさらされている.

オーストラリア外務貿易省は、環境や健康への悪影響がないことを確認するための包括的な科学的評価に対する日本のコミットメントを歓迎すると述べた。 オーストラリアは太平洋諸島フォーラムのメンバーです。

国務省報道官は、米国は「国際的に認められた原子力安全基準と一致すると思われる方法で処理水を分散させる準備をしている」として、日本の継続的な開放性を歓迎すると述べた。

フィジーのスバにある日本大使館は、コメントの要請に応じなかった.

BenarNews は、RFA のニュース サービスです。

READ  この小さな美しさは、2 つのまばゆいばかりの新種のうちの 1 つであるマルガリータ カタツムリです。