Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福島原発、放射線照射廃水の二次海洋放出を開始

福島原発、放射線照射廃水の二次海洋放出を開始

破壊された日本の福島原子力発電所は、第1回目の放出が順調に終了した後、第2回目の放射性処理廃水の海洋放出を開始したと発表した。

東京 — 粉砕された日本の福島原子力発電所は、第1回目の放出が順調に終了した後、木曜日に放射性処理廃水の第2回目の海洋放出を開始したと発表した。

同発電所を運営する東京電力ホールディングスによると、作業員がポンプを作動させて処理水を大量の海水で希釈し、混合物を地下トンネルを通じてゆっくりと海に送った。

工場の最初の廃水放出は8月24日に始まり、9月11日に終了した。 東京電力はこの立ち上げの際、10基のタンクから7,800トンの処理水を排水したと発表した。 2回目の放出では、東京電力は17日間でさらに7800トンの処理水を太平洋に放出する予定だ。

東京電力と政府は、タンクが来年初めに最大容量に達し、数十年かかると予想される廃炉のためのスペースが原発に必要となるため、海への放出は避けられないと主張している。

この水は放射性物質を安全なレベルまで減らすために処理され、その後海水で数百倍に希釈され、国際基準よりも安全になっているという。

しかし、一部の科学者は、低レベル放射性物質の継続的な放出は前例がなく、注意深く監視する必要があると述べている。

日本政府は新たな市場を開拓し、中国による水産物禁制の影響を抑えることを目的に救済基金を設立した。 魚介類の一時購入や冷凍保存、家庭での魚介類の販売促進なども対策に含まれる。

政府閣僚らは地元の魚介類を味わい、その安全性を宣伝するために福島を訪れた。

東京電力は、下水の放出によって引き起こされた地域の水産物の評判の損害に対する補償を提供したとして起訴された。 今週申請の受け付けを開始したところ、すぐに数百件の問い合わせがあった。 東京電力は、損害賠償請求のほとんどは中国での魚介類の禁輸と国内の過剰供給に関連しており、それが価格下落につながったと述べた。

READ  | 日本の在宅医療会社ヒューマンライフマネジメントがCare24を受賞