Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福島:中国の日本からの水産物輸入量は8月に67%減少

福島:中国の日本からの水産物輸入量は8月に67%減少

  • 青井マリコ著
  • ビジネス記者

写真にコメントして、

中国は日本からの水産物の世界最大の輸入国だった

東京が損傷した福島原子力発電所からの処理排水の放出を開始したため、中国の日本からの水産物輸入は先月減少した。

中国税関当局によると、8月の日本産水産物輸入量は前年同月比67.6%減少した。

日本の農水省は、中国は日本産水産物の世界最大の輸入国であると述べている。

この急激な減少は、日本が廃水の放出を開始する準備をしていた時期と放出の余波で起こった。

2011年の津波が福島原子力発電所に深刻な被害を与えて以来、100万トンを超える処理済み廃水が福島原子力発電所に蓄積されている。

日本は8月24日に荷揚げを開始したが、完了までには30年かかる。 中国は同日、日本産水産物の輸入を全面禁止すると発表した。

日本およびより広い地域の漁業団体も当時、放流による生活への影響について懸念を表明した。

日本は水は安全だと主張し、数人の科学者も同意したにもかかわらず、中国の輸入禁止が決定された。 国連国際原子力機関もこの計画を承認した。

日本政府はまた、中国やフランスの他の原子力発電所からも同様の廃水放出が一般的であると強調した。

日本は定期的に、福島近郊の海水には検出可能なレベルの放射能が検出されないことを報告している。

中国は報告書の公表に強く抗議しているが、誤った情報により中国の日本人学校への投石事件や福島の地元企業への数百件の敵対的な電話などの事件が発生している。

東京都はまた、中国を訪問する国民に対し、必要な予防措置を講じ、公共の場で大声で日本語を話すことを避けるよう警告した。

日本政府は漁業への財政支援を約束する一方、福島原発を運営する東京電力は放出の影響を受けた地元企業に補償する用意があると述べた。

この国の政治家も、福島の魚介類と水の安全性を促進するために取り組んできた。

日本政府が公開したビデオでは、岸田文雄首相が福島産の刺身を食べ、小泉進次郎元環境大臣が同地域でサーフィンをしている様子が映されている。

エコノミストらは、中国への輸出総額は自動車と機械が大半を占めており、水産物輸出の減少が日本経済全体に大きな影響を与える可能性は低いと述べた。

READ  MGM リゾーツの合弁会社が大阪の統合型リゾートの実施契約に署名