Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

福島:日本は汚染された水を海に投棄することを発表しました| 福島

政府は、破壊された福島第一原子力発電所から100万トン以上の汚染水を日本海に放出する計画であると述べました。これは近隣諸国や地元の漁師を怒らせる決定です。

原発事故から10年以上経ったこの動きの公式確認は、長年この動きに反対してきた福島の漁業に新たな打撃を与えるだろう。

菅義偉首相は火曜日の閣議で、太平洋からの排水は「非常に現実的」であり、「福島の復興には避けられない」と政府が決定したと述べた。

東京電力プラントオペレーター [Tepco]、そして政府当局者は、少量の有害な放射性物質トリチウムは水から除去することはできないが、他の放射性核種を放出することが許されるレベルまで減らすことができると言います。

「日本政府は、加工水を海に放出するための基本方針を策定し、水の安全レベルを確保した後、政府は評判の良い被害を防ぐための措置を講じている」とスカ氏は記者団に語った。

政府は、希釈水を放出する作業は約2年で始まり、プロセス全体には数十年かかると予想されていると述べました。

「私たちは、確立された規制基準への厳格な準拠に基づいて海上リリースを選択します」と声明で述べています。

この発表は、環境団体から即座に非難されました。

グリーンピース・ジャパンは、「福島、日本、アジア太平洋地域の人々の人権と利益を完全に無視している」と述べ、水の放出を強く非難している。

「日本政府は再び福島の人々を打ち負かした」とグループの気候とエネルギー運動家である鈴木かすは言った。

「政府は、放射性廃棄物で太平洋を故意に汚染するという完全に不合理な決定を下しました。これにより、放射線のリスクが排除され、核サイトとその周辺地域に十分な貯蔵容量があるという明確な証拠が明らかになりました。

活動家たちは、影響を受けた福島原子力発電所から処理水を海に放出するという日本政府の計画に抗議している 写真:フィリップファング/ AFP /ゲッティイメージズ

「内閣の決定は環境保護に失敗し、地元の福島住民と日本中の近隣住民による大規模な抗議と懸念を無視した。」

2011年の津波で麻痺した原子力発電所の敷地には約1.25トンの水が溜まっています。

これには、植物を冷却するために使用される水だけでなく、毎日のシャワーと地下水が含まれます。 政府は、有害な同位体を除去するために水を再ろ過し、放出する前に国際基準を満たすように希釈する必要があると述べました。

1日約140トン増加する放射性水は、現在1,000基以上のタンクに貯蔵されており、来年の秋には廃水となる見込みです。 デプコは、サイトにさらに貯蔵タンクを建設したいのであれば、プラントの撤去の進展を見るために戦うだろうと主張した。

トリチウム以外の放射性元素は、排出される前に水から除去するか、安全なレベルに減らすことができるため、国際原子力機関はこの決定を支持しています。 IAEAはまた、世界中の原子力発電所が同様のプロセスを使用して廃水を排出していることを指摘しています。

専門家によると、トリチウムは大規模な人間にのみ有害であり、希釈された場合、精製水の科学的に検出可能なリスクはありません。

結果が発表される前に、日本の大分県立看護健康科学大学の放射線リスク評価の専門家である甲斐道明氏は、フランス通信社に次のように語った。

しかし、地元の漁業コミュニティは、水の放出は、彼らのシーフードに対する消費者の信頼を再構築するための長年の努力に終止符を打つだろうと言います。

福島の地元漁業協同組合の責任者であるカンチ・ダチアが発表する前に、公共放送のNHKは、「彼らは、漁師の支援なしに水を海に流さないだろうと私たちに言った」と述べた。 「その約束に反して、一方的に水を海に放出するというこの動きを支持することはできません。」

この決定は、延期された東京オリンピックの3か月前に行われ、工場から60 km(35マイル)離れた場所でいくつかのイベントが予定されています。

韓国、中国、台湾はこの動きに反対している。

中国外務省のスポークスマン、趙立堅は、日本に排水問題について「責任を持って行動する」よう促した。 趙氏は月曜日、「中国は、国際的な公益と中国国民の健康と安全を守るために、外交ルートを通じて日本側に大きな懸念を表明している」と述べた。

韓国外交部は「この決定を後悔している。これは将来、国民と環境の安全に直接的または間接的に影響を与える可能性がある」。

日本の当局者は、水が「汚染された」または「放射性」であるとメディアが説明することに反対し、「処理可能」と説明すべきだと主張した。

ショーン・バーニー、グリーンピースドイツの上級原子力専門家は、この主張は「明らかに誤り」であると述べた。

「汚染されていたり放射性だったりしなければ、日本の原子力規制当局からの承認(水を放出するため)は必要ない」と彼は述べた。 「タンク内の水は実際には浄化されていますが、放射能によって汚染されています。日本政府はこの問題について国内外で意図的に私たちを欺こうとしています。」

READ  日本はウイルス対策を東京と京都に拡大しようとしています