Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

私たちのシャグナフィリップスは、フィラーを取り除いた後の珍しいテレビの外観で異なって見えます

火曜日の珍しいテレビ出演では、フィラーを取り除いた後、より自然な外観を採用したため、ShagnaPhillipsはまったく異なって見えました。

元ラブアイランドのスター、28歳はグッドモーニングブリテンの最新エピソードに出演し、ホストのリチャードマドリーとスザンナリードが、進行中の生活費危機のために休暇を延期すべきかどうかについて話し合った。

「彼女が説教することを実践する」ために彼女の唇のフィラーが最近溶解した後、彼女は華やかな化粧をしていたので、彼女は輝いて見えました。

ニュールック:火曜日の珍しいテレビ出演では、フィラーを取り除いた後、より自然な外観を採用したシャグナフィリップスは完全に異なって見えました

2020年に初のウィンターラブアイランドに登場したシャグナは、白いシャツと淡いピンクのジャケットでシックな姿をカットします。

ITV番組で、彼女は今後数か月で休暇を取る可能性のある人々を擁護しました。

「誰かが朝食をとるか夕食をとるかを考えている間、私は休暇について話していることを完全に理解することができます」と影響力のある人は言いました。

ナチュラル:元ラブアイランドのスター、28歳は最近彼女の唇のフィラーを解決しました

ナチュラル:元ラブアイランドのスター、28歳は、「あなたが説教することを実践する」ために、最近彼女の唇のフィラーを溶かしました。

「それはすべて相対的なものだと思う」と彼女は言った。 休暇中に他の人のことを聞くと、私は彼らにとってとても幸せになります。彼らの経験について聞いてみたいです。

「休暇に行けたらいいのに」と思いながら、誰かを幸せにすることができます。

完全な口が彼女に自信を与えたと認めた後、彼らがしこりを形成し始めたとき、彼女は彼女のフィラーを取り出すことを余儀なくされました。

最近:グッドモーニングブリテンの最後のエピソードに出演し、ホストのリチャードマドリーとスザンナリードが、進行中の生活費の危機のために休暇を延期すべきかどうかについて話し合いました。

最近:グッドモーニングブリテンの最後のエピソードに出演し、ホストのリチャードマドリーとスザンナリードが、進行中の生活費の危機のために休暇を延期すべきかどうかについて話し合いました。

しかし、ファンは彼女のコメントを承認しながら、彼女の新しい自然な外観をすぐに賞賛しました。

あるファンは、「ああ、完璧な天然フィラーがなくてもとても美しい」と書いています。

別の人は、「母なる自然が意図したように、とても素晴らしい」と言いました。

ペンで書いたもの:「UはかなりXに見えます」Shagnaの感謝と彼女の無料ファンへの返信。

おめでとうございます:ファンが次のように勧めた後、シンガのリップフィラーは解決されました

おめでとうございます:ファンが「自分の幸せを自分の体のイメージから切り離す」ように促された後、Shogunaのリップフィラーは解散しました

シェグナは最近、ファンに「自分の幸せを身体イメージから切り離す」ように勧めた後、「自分が説教することを実践したい」と主張して、唇のフィラーソリューションを文書化しました。

彼女は言いました、「私が唇を溶かす旅を共有した本当の理由は、私があなたの幸せをあなたの体のイメージから分離することについて説教していたからです。

もう唇を持っているという考えに耐えられないので、私はこれを長い間延期してきました。 すべてが数週間で終了し、すべてが新鮮で新しいので、私は自分が説教することを実践しようとしています。

約束の後、彼女は「終わった。治療で唇が少し腫れて、6時間で消えて、唇がなくなるので、6時間楽しむつもりだ」と発表した。 「」

「あなたが知っている、あなたは本当にそうではないあなたの頭の中で何を構築していますか? それは血まみれの唇です、人生は続きます。 それほど悪くはありませんでした。

身体イメージ:シャグナがラブアイランドで身体的変形に苦しんでいることを明らかにし、14歳の時からダイエットについて話していた後です。

身体イメージ:シャグナがラブアイランドで身体的変形に苦しんでいることを明らかにし、14歳の時からダイエットについて話していた後です。

これは、彼女がラブアイランドに現れたときに体のグリッチに苦しんでいることを明らかにし、14歳からダイエットについて話していた後に起こります。

彼女は、1日に500カロリー未満を食べるなど、極端な食事をしていることを認め、ある時点で「悪い食習慣」を持っていたと述べました。

最近ウェルネスプラットフォームBeYouWith Shaughnaを立ち上げたShaughnaは、OK! 新着 雑誌:「幼い頃から食べ物が敵だと知ったと思います。」

彼女は、実際には心配することは何もないのに、ラブアイランドにいる間、精神的健康状態のために身体醜形障害を経験していると信じていたと言いました。

「私はとても不安だったので、私は間違いなくラブアイランドで体のディストピアを持っていたと思います」と彼女は説明しました。

難しさ:28歳のシェグナは、ラブアイランドにいる間、実際には心配することは何もないのに、身体醜形障害があると思ったと言いました。

難しさ:28歳のシェグナは、ラブアイランドにいる間、実際には心配することは何もないのに、身体醜形障害があると思ったと言いました。

シェグナは、14歳のときからさまざまなダイエットを続けていたことを認め、「ホリデーダイエットのヒント」と減量に関する記事で10代の雑誌を批判しました。

彼女はラブアイランドの数年前に4つの石を失ったと言い、彼女の体重減少は2016年12月の父親のエディの死に関連していると彼女は信じていると説明しました。

カロリー摂取量を1日500カロリー以下に抑える決意を固めた時期について、ほとんど何も食べなかったり、トレッドミルでカロリーを減らしたりすれば、「いい日」だと感じたそうです。

彼女は次のように付け加えました。

シェグナは、痩せていれば幸せになると思っていたが、「痩せすぎ」になったときはまだ幸せではなかったと語った。

彼女は、自分が健康に見え、身体的に強くなりたいと決心したときにターニングポイントが来たと言いました。それは彼女にもっと良い食習慣を導入するように促しました。

ダイエット:シェグナは、14歳からさまざまなダイエットを続けていたことを認め、10代の雑誌の記事を批判しました。

健康:シェグナは、痩せていれば幸せになると思っていたが、「痩せすぎ」になるまではまだ幸せではないと述べた。

ダイエット:シェグナは、14歳のときからさまざまなダイエットをしていることを認め、「ホリデーダイエットのヒント」と減量に関する記事で10代の雑誌を批判しています。

READ  ジャパンフォワードで上映された映画を2021年に振り返る