Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

私たちは今戦争状態にある、元英国情報長官が警告 – ポリティコ

私たちは今戦争状態にある、元英国情報長官が警告 – ポリティコ

ドゥダ氏は、ロシアが戦争経済に移行し、年間予算の30%近くを軍事に充てていることから、すべてのNATO加盟国が国内総生産の3%を防衛に費やすことを目指す時期が来たと述べた。

ディアラブ氏は、この国防費の増額は「トランプ氏を守る」ためにも必要だと考えている。 “もし [former U.S. President Donald] 同氏はさらに、「トランプ氏が政権に就くと、その頃にはほとんどのNATO加盟国が軌道に乗るか、GDPの2%以上を防衛費に費やすことになるだろう」と付け加えた。 これは、ホワイトハウスで長年NATOを批判してきた同氏のもう1期の任期を補うのに役立つはずだ。

「第一ラウンドの状況とは大きく異なっている。トランプ大統領が第一期目にNATO、特にドイツを攻撃した際にやったことに私は同意する。もしドイツが本当に再軍備に真剣に支出し始めたら、その規模の大きさを考えればそうすべきだ」 「それは完全な変革になるでしょう。」と彼は言いました。

しかし、1999年から2004年までMI6を率いていたディアラブ氏は、欧州のNATO加盟国が望む金額を支払わないと不満を抱き、パートナーシップからの離脱をちらつかせるトランプ大統領に対して曖昧な態度をとっている。 ディアラブ氏は最近、英国のスカイニュースに対し、NATOとの問題を理由にトランプ氏の再選は「問題になる」だろうと述べ、元米国大統領が性急に行動すれば英国の安全を含め重大な損害を引き起こす可能性があると語った。

ディアラブ氏は、ジョー・バイデン現大統領とは異なり、トランプ氏は英国を気に入っているようで、英国がホワイトハウスで同氏と貿易協定を結ぶ機会があるかもしれないと指摘した。 「トランプ氏は感情的に英国を心から愛しており、バイデン氏よりも英国を愛している。 「つまり、バイデンは古風なアイルランド系アメリカ人のカトリック教徒で、アイルランドのカトリック教徒がイギリスに対して抱くあらゆる偏見を持っているのです。」

同氏はまた、「話している人々」という点で「舞台裏で多くのことが起こっている」とポリティコに語った。 [Trump’s] 「国家安全保障関係者にNATOの重要性を理解してもらうためだ。失われた大義だとは思わない」と同氏は付け加えた。

彼がトランプについて間違いなく気に入っている点の1つは、予測不可能なことだ。 同氏はさらに、「抑止の原則は実際には不確実性ではなく、不確実性に基づいている」と付け加えた。 [being able to] 相手が何をするかを推測してください。 「トランプが何をしようとしているかを推測するという点では、彼が次に何をするか決して分からないため、抑止効果がある」とディアラブ氏は語った。

もちろん、これは敵と戦うときに非常に役立ちます。 問題は、あなたが友人に対して同じように予想外の態度をとった場合です。

READ  キューバでの爆発:ハバナのサラトガホテルで大爆発が発生しました