Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

私たちは農場で働くために旧ソ連諸国から外国人労働者を雇わなければなりません

私たちは農場で働くために旧ソ連諸国から外国人労働者を雇わなければなりません

英国の農民たちは、「内気な」地元住民が肉体労働をしたくないため、数千マイル離れた場所で外国人労働者を雇わざるを得なくなっていることを明らかにした。

農業の仕事に対する地元の関心の欠如により、約3,600マイル離れたタジキスタンを含む欧州連合外の貧しい旧ソ連諸国から6か月のビザで来る労働者の数が増加している。

果物を収穫している人々の中には、アリという名前の24歳のタジキスタン人野菜収穫者も含まれており、彼は祖国で2つの不動産を購入するのに十分なお金を稼いだと言っており、「私は金持ちだ」と自慢しています。

現在、英国全土の果物や野菜の生産者らは、家庭での月給200ポンドに比べて1日最大150ポンドを稼ぐことができる新しいアジア人の労働力を称賛しているが、英国人が朝5時に起きていることに不満を表明している。 冬の間は屋外での作業となります。

アンソニー・スネルとクリスティン・スネルは、ヘレフォードシャー州ロス・オン・ワイにある農場で柔らかい果物を収穫するために、1 年の 6 か月間 250 人の季節労働者を雇用しています。

アンソニー・スネルさんとクリスティン・スネルさん(一緒に写真)は「英国人を採用するのは現実的ではない」と語った
野菜収穫者である 24 歳のアリさんは、英国での仕事のおかげで母国タジキスタンに 2 軒の家を購入できたと語ります。

テスコや M&S などのスーパーマーケット向けの 450 エーカーの敷地では、毎年 2,100 トンを超えるイチゴ、ラズベリー、ブラックベリー、ラズベリー、カシス、レッドカラントが生産されています。

同社の季節労働者は全員、カザフスタン、ウクライナ、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタンなどの国から6か月のビザを取得して来ているが、大半はブルガリア人で、時給は11.40ポンドだ。 季節の果物狩りをする人は誰もイギリス人ではありません。

1998年からウィンドミル・ヒル・フルーツを経営するスネル氏は、「季節労働者を雇う唯一の理由は、地元の人たちにこれらの仕事をしてもらうことができないからだ」と語った。 イギリス人を採用するのは現実的ではない。

「それは簡単な仕事ではありません。夏には朝5時に収穫が始まり、労働者は全員現場に住んでいますが、それをやりたがる人は多くありません。

「イギリス人は一年に半年しかかからないので、仕事や季節の自然を嫌います。

私たちは従業員と素晴らしい関係を築いており、彼らは非常によく世話され、十分な給料を受けています。

「彼らはこの取り決めに満足しており、彼らはすでに十分な訓練を受けているため、素晴らしいレベルの収益が得られ、これは私たちにとって良いことです。」

クリスティン・スネル氏は以前BBCに対し、「パンデミックを考慮して、地元住民を採用するために最善を尽くしてきた。必要な300人のうち、約35人を採用することができた」と語った。

スネルさんによると、彼らの多くは、別の機会が訪れるとすぐに立ち去ったという。

スネル氏によると、海外から優秀な人材を採用するのは難しくなく、毎年従業員が戻ってくることも多いが、農場での賃金は2014年以来倍増しており、収益に大きな圧力をかけているという。

2019年、英国で働く国際組立業者の割合は2,500人でした。 しかし、その数は今年は4万5,000人に増加しており、政府が必要と判断すればさらに年間1万人ずつ増加する可能性がある。

ジェーン・リチャーズは、コーンウォール州ヘイルにある 7,000 エーカーの南イングランド農場の共同所有者です。 同農場では、テスコやセインズベリーズ向けにズッキーニ、カリフラワー、カリフラワー、春野菜、キャベツなどを収穫するため、6カ月のビザで最大500人の季節労働者を雇用している。

コーンウォール州ヘイルにある7,000エーカーのサウス・オブ・イングランド農場の共同所有者であるジェーン・リチャーズさん(写真)は、労働者の大多数は依然としてEU諸国から来ているが、タジキスタンとウズベキスタンからの労働者の数が大幅に増加していると語った。近年では。

従業員の大半は依然として欧州連合諸国から来ているが、近年タジキスタンとウズベキスタンからの労働者の数が大幅に増加している。

「本当に大変な仕事で、寒くて泥だらけで悲惨なこともありますが、私はその仕事に携わる労働者たちをとても尊敬しています」とリチャーズさんは語った。

「ここのタジク人とウズベク人は素晴らしい人々で、美しいです。私たちは彼らが地元のコミュニティに溶け込めるよう懸命に取り組んでいますが、一般的に彼らはただ働いてお金を稼ぐためにそこにいるだけです。

「彼らが稼いだお金は、故郷に帰ると人生を変えます。時給11.44ポンドは莫大な金額で、家に帰ると人生が変わります。」

「彼らと話をすると、家を建てたり、家族を助けたり、そのお金を何に使っているかがわかります。それを聞くと誇らしい気持ちになりますが、彼らは一銭も稼いでいるのです。

「過去には、地元の人がある日来ても次の日には来ないという問題がありましたが、そんなことはありません。

「彼らは税金や国民保険を払っていますが、突然手術が必要だと言い出したり、何らかの形でこの国を利用したりする人を見たことがありません。」

ジェーンさん(写真)は、地元労働者が労働力の大部分を占めることにはほとんど期待していないと述べ、タジキスタンとウズベキスタンからの労働者の労働倫理を称賛した。

6 か月の季節労働者の約 90% が以前に農場で働いた経験があり、彼らはすでに訓練を受けており、他の労働者同士の緊密な友人ネットワークを持っていることが多いため、ホームシックを感じにくいことが魅力だと彼女は言います。

スエラ・ブレイバーマン元内務大臣は英国が自国で果物や野菜の収穫作業員を訓練できない「正当な理由はない」と主張したが、リチャーズ氏は地元労働者が労働力のかなりの部分を占めるようになるという期待はほとんどないと述べた。

続きを読む: 新鮮な果物や野菜を長持ちさせて無駄を減らし、お金を節約する簡単な方法

彼女は政府に対し、季節労働者に適用される第5次ビザ制度の将来を守るよう求めた。

「数年前に5人のイギリス人から選ばれたのですが、とても恥ずかしかったです」と彼女は付け加えた。 時々、移民は安いからといって移民を雇っていると非難されることがありますが、官僚機構が関与していることを考えると、その逆が当てはまります。

「合法的にここに来ていて、働きたいと思っている限り、どこの出身かは気にしません。コーンウォールでは残念です。働きたい人は必ずいるはずですが、私たちは彼らを見つけることができません。」

「人を守るということは、冷酷で大変な仕事であり、6か月だけなので精神的には楽になりますが、地元にいる場合はおそらくそれほど魅力的ではありません。」

「Brexit以降、季節労働者が来る場所は変わったが、Brexit前には英国人労働者もいなかった。」

ウィンターウッズの農業部門責任者、スティーブン・テイラー氏(66)はメールオンラインに対し、従業員は300人いるが、そのうち英国人は20人だけだと語った。

「彼ら(地元住民)はこうした仕事に就きたがらないが、それは英国人がこうした仕事に就くインセンティブがないからだ」と同氏は語った。

「その理由は単純で、英国人にとって農作業は魅力的ではないからだ。

「コロナ禍では渡航制限があったため、多くの英国人労働者を受け入れたが、コロナが終息すると、全員が仕事に戻った。われわれはそうした仕事に太刀打ちできないため、外国人の労働者に頼っている。

コーンウォール州ヘイルにあるリヴェリア・プロデュース社の5代目オーナーであるデビッド・シモンズ氏は、地元スタッフが詰め込まれた敷地を所有していることを明らかにしたが、人々は今では「興味を持っていない」と語った。

桑とカシスの農家は、この地域における政府の政策の欠如に失望しており、最近の国民生活賃金の上昇は事態をさらに困難にしているだけだと続けた。

同氏はさらに、「本当のジレンマは政府の政策、あるいは食糧政策や戦略がないという事実だ」と付け加えた。

たとえば、当社はポーランドとイギリスで事業を行っています。 ポーランドでは、賃金のおかげで、英国で果物を収穫するよりも低コストで農産物を栽培し、収穫し、送ることができます。

ケント州では、ピーター・ケージさん(63歳)が160エーカーのビクトリア州農場を経営しており、季節労働者の5分の4は英国外から来ている。

彼らはこの仕事をやりたかったので、これが嬉しいと彼は言いました。

「当社はすべての労働力を主にヨーロッパ、チェコ、ポーランド、スロバキアから輸入しています。英国人労働者はわずか10人ほどです」とケージ氏は語った。

「人々はいつも、これらの労働者たちは生き残るために努力している移民だと考えています。しかし、彼らはそうではありません。彼らは公営住宅やこの国に留まることに興味がなく、ただ働いて家に帰りたいだけなのです。」

これは、コーンウォール州ヘイルにあるリヴェリア・プロデュース社の5代目オーナーであるデビッド・シモンズ氏が、地元スタッフが詰め込まれた土地を所有していることを明らかにしたが、人々は今では「興味を持っていない」と語った後のことだ。

同氏はBBC Twoのサイモン・リーブスに対し、「問題は英国人があまりにも物事を気楽に捉えていることだ。我々は十分に飢えていない」と語った。 「彼らはむしろ、バーの裏で働くか、ホテルで働くか、あるいはそれほど激しくないことをしたいのです。」

受賞歴のある農家は、外国人労働者が「金儲けに全力で取り組んでいる」と語った。

「彼らの心理は、現在の英国の多くの若者とは大きく異なります」と彼は続けた。

コーンウォール州ヘイルの農場で他の外国人労働者も写真に撮られた

「彼らの精神は、外に出てできるだけ早くできるだけ多くのお金を稼ぐことです。家を手に入れようと努力し、人生で欲しいものはすべて手に入れようとします。そして、それを実行する彼らを賞賛する必要があります。」

「Brexit後にEU労働者の自由な移動が終了したことは、2020年のパンデミックのさなか、シモンズ氏は地元の人々に農作物の収穫を手伝ってもらうよう説得する努力を倍増させなければならなかった。

続きを読む: 英国人は「もう肉体労働をしたくない」: 農家は午前5時まで、天候や長時間の果物や野菜の収穫にも動じることなくタジク人とウズベキスタン人を雇っている

地元の新聞、ソーシャルメディア、テレビに広告が掲載され、250人が関心を示した。 しかし、このうち到着したのはわずか37人で、その数は急速に減少している。

「7週間以内に残ったのは1人だった。これ以上人を呼び込むことはできなかった」とシモンズ氏は述べ、「私たちは地元の人たちに来てこの仕事をするよう説得しようと必死だが、彼らは興味を示さない」と付け加えた。 。」

現在、木材採取者の 75% はタジキスタンとウズベキスタン出身で、ウクライナやインドから来ている人もいます。 イギリスから来た人は誰もいない。

シモンズ・ファームの数字は英国の現状を反映しており、英国のピッカー4万5000人のうち98パーセントはバルバドス、ケニア、ネパールなど世界各地から来ている。

リビエラは、主に旧ソ連圏から従業員を調達し、仕事内容を説明する人材派遣会社と協力している。

その後、新しい労働者が飛行機で到着し、2人から6人が泊まれるキャンピングカーに住んでいます。 新兵のほとんどは男性ですが、通常 20 歳から 40 歳までの女性もいます。また、親戚と一緒に来る人もいます。

シモンズ氏は自分のチームについて次のように語った。「ここに来る人たちは本当に素晴らしい人たちです。私は彼らを最大限に尊敬しています。世界の一方の側からもう一方の側に行ってこれを行うのです。」

READ  バイデンはアフガニスタンからの撤退について概説している:「アメリカ軍が帰国する時が来た」-ムバッシャー| USニュース