Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

私の海外での夏休み:家族、友人、そして予防接種

マットは日本に20年以上住んでいて、現在東京で癌治療を受けているため、時々病院に行く必要があります。 しかし、パンデミックの真っ只中で、病院は常に最も安全な場所であるとは限りません。

健康に関連するプライバシー上の理由から自分の名前で呼ばれることを要求したマットは、COVID-19ワクチンを接種できれば全体的に不安は少なくなると述べていますが、この機会が今後数か月以内に来るとは考えていません。 。 これは彼が悲観論者ではない、外科医は同様に彼に直接言った。

「9月までに何かがあるとは思わないでください」とマットは医者が言ったことを覚えています。

時制は彼だけではありません。 供給の不安定さとともに日本でのワクチンの展開の遅れは、多くの外国人居住者の間で、政府の緊急措置が再びオンとオフに切り替えられてもコロナウイルスに対する適切な保護を提供しないかもしれないという懸念を引き起こしました。 それはマットに彼の家族が住んでいるカナダで予防接種の予定を探すように促しました。

彼は一人ではありません。 日本では、COVID-19ワクチンを入手するために、出身国または以前の居住国に目を向ける外国のパスポート保有者が増えています。これは、新たな正常感に一歩近づくと彼らは考えています。 そして彼らは、日本はほんの数歩遅れていると考えています。

日本は2月に医療従事者への予防接種を開始し、4月にプログラムを高齢者に拡大しました。 しかし、一般の人々は早くても夏までワクチン接種を受けることはなく、遠隔地の町や村の住民はずっと後に順番を取ります。 これまでのところ、予防接種プログラムがいつ完了するかは明確ではありません。

健康の専門家は予防接種計画が計画通りに進むことを疑っており、多くの外国人居住者は彼らの番がすぐに来ると確信していません。 しかし、彼らはソーシャルメディアで家族や友人が予防接種を受けているのを見て、彼らの健康と安全に対するコントロールの感覚を取り戻すために、彼らは海外旅行を予約しています。

ウイルスの賭け:2月の記者会見で、日本の規制改革ワクチン大臣の河野太郎が、透明なスクリーンの後ろからジャーナリストの質問に耳を傾けます。 河野氏は、流行の第3波と第4波の間の旅行は、日本での発砲を待つよりも危険かもしれないと述べた。 | ブルームバーグ

賭けをする

東京西部に住む37歳の公民教師兼労働組合組織のKatCallahanは、日本がワクチンに取って代わるのを待ちきれなかったと判断した人の1人です。 ここで13年目になりますが、「日本政府による(流行への)反応の悪さ」と「ニューメキシコは組合で最高の州である」という事実により、ニューメキシコ州アルバカーキへのフライトが予約されました。予防接種」の料金は今です。

現在、4月20日現在、日本の100人中1.73人しか予防接種を受けていません。 これは、約3,600万人のうち65歳以上の28,220人に加えて、216万人の医療従事者です。 それを米国と比較してください。米国では、保険の適用範囲に関係なく、すべての成人がワクチンを利用できるようになっています。

国を比較するための最良のアプローチであるとは限りません。コロナウイルスに関しては、米国ははるかに危険な状況にあり、そこでのワクチン接種の開始がさらに緊急になっています。 しかし、世界的大流行の真っ只中で、すべての国がその人口に予防接種をすることが重要です。さもなければ、ウイルスは変異し続け、問題を引き起こします。

そこでキャラハンは自分を守るために自分の手で問題を解決することにしました。 確かに、彼女は公共の場で滅菌され、適切な保護服を着用することに熱心です。 彼女は、政府が他の国で見られるようなより厳しい措置を採用することを躊躇していることが、流行は長い寒さとインフルエンザの季節ほど危険ではないというメッセージを日本国民に送ったかもしれないと信じています。 これにより、人々がコロナウイルスと戦うための対策に満足しているのではないかと心配しました。

「公共交通機関では、マスクを着用していない、またはマスクを誤って着用している人が、通常は鼻の下にいることがよくあります」と彼女は言います。 日本国民は、政府の対応の深刻さに基づいて、状況の深刻さを見る傾向があると思います。 政府はこの問題を真剣に受け止めなかった。」

人々が予防接種のための休暇を予約するとき、国の予防接種シーザーである河野太郎は、COVID-19の第3および第4の波の中でのそのような海外旅行はギャンブルである可能性があると警告しました。

彼は4月16日に次のように述べています。「一部の国ではコロナウイルス感染率が高いため、リスクが低いことを検討することをお勧めします。」

しかし、多くの外国人居住者は、特に彼らが根本的な健康状態を持っているか、治療を受けている場合、母国に賭けています。

カウンセラーとしての仕事に関連する理由で仮名を使用するように頼んだ41歳の日系ブラジル人女性ガブリエラは、ブラジルのCOVID-19で友人や家族を失った癌の生存者です。 ただし、それがワクチンをより早く入手することを意味する場合は、リオデジャネイロへの次の飛行機に飛び乗ることになります。

「ここでの予防接種計画の実施が遅いことが主な理由です」と彼女は言います。 彼らはそれを適切に整理するのに十分な時間がありましたが、それでも彼らはしませんでした。 私は喘息に苦しんでいるので、できるだけ身を守りたいと思っています。」

ブラジルは現在、米国に次ぐ流行による死亡者数が多い。 予防接種キャンペーンはゆっくりと展開されていますが、ガブリエラは、日本政府が7月のオリンピックの開催に集中しすぎていると考えているため、日本よりも注射を受ける可能性が高いと考えています。

「確かに、ブラジルはすべてを管理しているわけではなく、(ブラジルのジャイール大統領)ボルソナロは河野よりもはるかに悪い」と彼女は認めている。 「しかし、私の母はすでにワクチン接種を受けており、特にブラジルでワクチンを製造しているため、現在のペースでももっと早くワクチン接種を受けると確信しています…ここでいつショットを取得するかはわかりません。」

日本に14年間住んでいる40代の地球物理学者であるスティーブノボセルは、数週間前にテキサスで2回目のワクチン接種を受けました。 ウイルスの事情で米国への旅行を予約していたが、基礎疾患があったため、早期予防接種の基準を満たしていることに安心した。

「私は到着したときにワクチンを入手するための可能なすべての合法的な方法をチェックし、1週間以内に予約をとることができました」とNovoselは言います。 「ワクチン接種を迫らなければ、日本でチャンスを得るまでに長い時間がかかることを知っていたので、努力する価値があると思いました。」

運用中:医療従事者は、4月22日に、ブラジルのサンパウロにあるコミュニティシェルターの人にSinovac Biotech CoronaVacCOVID-19ワクチンを投与します。 ブラジル政府は、ワクチンと医薬品を購入し、全国に集中治療センターを拡大するために、16億レアル(2億8600万ドル)の資金を追加しています。  | ブルームバーグ
運用中:医療従事者は、4月22日に、ブラジルのサンパウロにあるコミュニティシェルターの人にSinovac Biotech CoronaVacCOVID-19ワクチンを投与します。 ブラジル政府は、ワクチンと医薬品を購入し、全国に集中治療センターを拡大するために、16億レアル(2億8600万ドル)の資金を追加しています。 | ブルームバーグ

切望されていた家族の再統合

昨年日本政府によって課された国境制限は、外国人居住者(永住権を持っている人でさえ)が2020年のほとんどの間日本に戻ることができなかったことを意味しました。このグループの多くにとって、これは彼らの家族を見ることができないことを意味しました通年の人。 旅行制限は残っていますが、永住権を持つ非市民は国境を越えることが許可されています。 家族の再会の待望のアイデアは、ワクチン接種を受けるために海外旅行を危険にさらすというより多くの誘惑を提供します。

リサ・サンさん(55歳)は、6月に父親を訪ねるために米国に旅行する予定です。

「彼は一人暮らしで、私がいなくて寂しいです」と彼女はメールで言い、旅行中ずっと父親と一緒にいることを計画していたと付け加えた。 「私が計画した唯一の旅行は、数年前に母の遺灰を散乱させた砂漠の遠隔地に花を運ぶことでした。」

しかし、Sunは、彼女がそこにいる間にワクチン接種を受けることができれば、2回目の外出を計画すると言います。 2ワクチンのファイザーワクチンを1回接種する可能性でさえ、「注射をまったく行わないよりもはるかに良い」と彼女は言い、日本人の夫と3人の年長の子供たちの前にワクチンを接種することで間違いなく気分が良くなると付け加えました。 有罪。

家に帰るための指示

予防接種チーフ河野が言ったように、あなたが「それを危険にさらす」ことを決心するならば、あなたが知っておくべきいくつかのことがあります。 まず、現在の旅行制限では、有効な居住地があり、再び入国する許可がある限り、すべての居住者が国境を越えることができます。 また、政府が設定したガイドラインに基づいてCOVID-19が陰性であることがテストされたことを証明するものを添えて返送する必要があります。

海外でワクチン接種を受けていますが、現在の検疫規則では、すべての帰還者は14日間の自己隔離、または出身地域によってはより厳しい制限を遵守する必要があります。 これらの規則に従わないと、「命名と名誉毀損」の罰則が科せられ、仕事や在留資格が失われる可能性があります。 日本はいわゆるワクチンパスポートを認めていませんが、そのような慣行はヨーロッパや他の場所で勢いを増しています。

仕事のために米国に頻繁に旅行する56歳の弁護士兼税務専門家のフレデリック・ガンドラッハは、水曜日に日本での14日間の検疫期間の終わりに近づき、次のセカンドショットのために別の旅行を記録することができました。 一週間。 彼が戻ったとき、彼はその後14日間検疫に入ります。

「(それは)価値があります。なぜなら、COVIDの検査をせずに今年米国に戻る能力を開く可能性があるからです」とニュージャージー出身で日本に約10年間住んでいるGundlachは言います。

しかし、東京の羽田空港に着陸した後、「ペストに参加するように勧められたように感じました。実際、COVIDウイルスの2つの陰性検査と、最初のショットの初期の利点がありました。以前は「ファイザーインミー」でした。

「ワクチンワクチンは欺瞞ではないことを理解していますが(COVID-19を入手して感染させる可能性はまだあります)、リスクははるかに低くなっています。流行を終わらせるために自分の役割を果たしたいと思います」と彼は言います。メールで。

全国的な予防接種キャンペーンを加速している国のリストが増え続けるにつれて、人口の50%以上が2回目の予防接種を受けたイスラエルのような国は、予防接種が感染率の低下につながる可能性があることを証明し、経済回復への期待を高めています。

日本はワクチンの世界的リーダーになるための競争に参加しない可能性が高いですが、人々がより自由に入国できるようにするためにワクチンパスポートが認められることを求める声が高まっています。 Gundlachは、日本に到着した旅行者がすでにここに住んでいる旅行者よりもCOVID-19を感染させるリスクが低くなる可能性があるという考えを政府が考慮していないと考えています。

「現政府は、COVID-19が海外から来たことを確認するためにそのような訴訟を起こしました。これは基本的に、日本人が外国人を病気の「保因者」と見なすべきであることを示しています」とガンドラッハは言います。 「まもなく、それは反対になるでしょう。」

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  COVID-19の新株がアイオワで発見されました