Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

私の車を運転する| 映画レビュー

普段は日本映画をレビューしていませんが、これは複数の国際的な賞に向かっているようですので、字幕版を見つけて見てみました。

東京の有名な舞台俳優兼監督(西島秀俊、ストイックで煮えたぎる)も、2年前に突然亡くなった有名な劇作家の妻が広島に招待され、チェコフの舞台劇を監督します。 ヴァーニャおじさん。 彼は彼の最愛の古い消防車-赤いサーブで運転します、しかし、劇団の保険が彼が彼自身を運転するのではなく、彼がそこにいる間運転手を割り当てられることを要求することを知ってがっかりします。

彼はしぶしぶ彼の無口な若者(三浦透子)を受け入れ、彼らの毎日の通勤中に、彼女自身の問題がないわけではない彼女は、感情に満ちた制作プロセスの彼の響きの板になり、エージェントとして現れます彼の(そして彼女自身の)カタルシスの。

3時間の抑圧された感情と少しの物語の行動はスローガンに見えるかもしれませんが、物語の複雑なプロットレイヤーを徐々に明らかにする濱口竜介監督の確かなスキルは、議事録を飛ばします。 すべての物語のひねりは秘密のようです。 均一に才能のあるキャストの間で悪いパフォーマンスではありません。 村上春樹の短編小説を原作。

PS:元の日本語のタイトルであるIMDbは、 ドライブマイカ。 それは陽気だと思います。 (179分)

READ  開花期:ニューヨーク市で「ウェイクアップ」が開催され、桜のシーズンが正式に始まります。