Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

科学が日本を100メートルで10秒でランナーを打ち負かした方法

20年近くの科学的研究により、日本のランナーは1秒間の小さな領域を剃り、最終的に100メートルで10秒のハードルを打ち破りました。

スプリンターとそのコーチのたゆまぬ努力と組み合わされたスピードとテクニックの分析は、過去4年間のイベントで3つの全国記録につながりました。

19年間、1998年の井戸浩二の時間は10.00秒100日本の記録でした。

2017年、菅義偉はそのマークを破り、10秒で100メートルを走る日本初のスプリンターになりました。

日本人がその記録を達成した今、焦点は6月24日に始まった全日本陸上競技選手権のマーキーイベントにありました。

クルーがこの記録を破るまで、多くのランナーが20年間で10秒で100を達成しようとしました」とイベントの日本のスプリンターの1人である山縣亮太は言いました。 「この期間に知識が蓄積されました。」

山形は、6月6日に設定された現在の9.95秒の全国記録は主に科学的研究によるものだと語った。

「知識を​​蓄積する20年の期間は非常に重要でした」と彼は言いました。

カールルイスの勉強

鹿児島県鹿屋市にある国立大学体育研究所の教授を務めた松尾明文は、100歳でスピードを研究してきました。

彼は、1991年の東京での世界選手権から日本のスプリンターのためのハイギアへの移行を言いました。

松尾は、東京選手権で世界記録9.86秒を記録したアメリカのスプリントレジェンド、カール・ルイスの走り方を調べた結果、2つの発見をした。

「1つの発明は彼のスプリントテクニックに関するものです」と松尾は言いました。 「当時、日本のランナーは膝を完全に伸ばし、スピードを上げるために各ステップで地面を「蹴る」ように教えられていました。しかし、ルイスは足を完全に伸ばしたり、レースを蹴ったりすることはありませんでした。」

本発明は、スプリンターの働き方に劇的な変化をもたらしました。

日本のランナーは、「しっかりと地面を蹴る」ことは速く走る方法ではないことに気づきました。 代わりに、彼らは脚を前に出すために腰の動きにもっと焦点を合わせました。

もう一つの発見は、ルイスのペースは、フィニッシュラインに向かってスピードを上げているように見えたが、特定のスピードに達した後、最終的に減速したということでした。

実際、現在の世界記録保持者であるジャマイカのフセイン・ボルトでさえ、すべてのレーサーが100メートルの距離に到達する前にペースを維持できるわけではない、と彼は語った。

松尾氏はルイスの研究で、スプリントは最初の「加速」段階、高速の「中間」段階、最後の「後退」期間の3段階で測定する必要があると述べました。

通常、スプリンターは50メートルから60メートルの最高速度に達します。

東京の国立競技場で行われた世界陸上競技選手権の男子100m予選2回戦では、3位のカール・ルイスが毎秒4.3メートルで9.80秒という非公式記録を打ち立てました。 1991年24日。(写真:朝日親藩ファイル)

理想的な最高速度

科学者たちは、国内外のスプリンターの速度変化に関する蓄積された研究に基づいて理論的な結論に達しました。

「時間の改善に最も密接に関連する要素が最大率になりました」と松尾氏は語った。 「10秒で100メートル走るには、毎秒11.60メートル以上の速度が必要だと言っても過言ではありません。」

グリューが2017年に9.98秒を記録したとき、彼の速度は毎秒11.67メートルでした。

山形は毎秒11.62メートルを打ち、9.95秒で自身の記録を打ち立てました。

1991年、ルイスは毎秒12.05メートルという記録的な速度に達しましたが、ボルトの最高速度は毎秒12.35メートルでした。

例外があります。 2019年に9.98秒で入ったとき、小池祐貴の速度は毎秒11.58メートルでした。 彼は非常に素早く足を変えたので、彼はあまり倒れませんでした。

逆の例が報告されています。

1990年代に3度の全国記録保持者であり、2001年には10.02秒で自己ベストを記録した朝原宣治は、10秒の壁を破ることはありませんでした。

「彼の最高速度は素晴らしく、ある報告によると、アズハラは最大11.7メートルまたは1秒に達した」と松尾氏は語った。 「しかし、彼はレースの終わりに大幅に削減する傾向がありました。」

研究者たちは、1998年にバンコクで開催されたアジア競技大会でのイドの10.00秒間、そのような測定値が利用できなかったことに困惑しています。

疑いの余地のないことの1つは、世界で最高のレーサーの何人かとのイドの進歩があったということです。

最高速度をどのように改善するかは依然として課題です。

スプリンターは、足の移動速度を犠牲にして、進歩を大幅に拡大する必要がありますか? それとも、進歩をほんの数センチ伸ばすときに、その勢いを維持しようとすべきでしょうか?

アスリートとそのコーチは、1つのスタイルがすべての人に当てはまるわけではないという立場を取っています。

「私たちはすべてのスプリンターに共通の原則を特定したかったのです」と松尾は言いました。 「しかし、最終的には、レーサーごとに答えが異なると判断しました。現在、スプリンターとそのコーチの考えに基づいてスタイルが決定されています。」

しかし、最高速度11.60メートル/秒は現在、日本で最高のスプリンターの間で共通の目標であり、彼らのトレーニングの基礎を形成しています。

READ  南野は韓国のフレンドリーな日本チームのキャプテンです