Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

科学者たちは、SARS-CoV-2が2回分のBNT162b2ワクチンを中和する能力を評価しました

科学者たちは、SARS-CoV-2が2回分のBNT162b2ワクチンを中和する能力を評価しました

最近の記事がに掲載されました 検索フィールド*プリプレスサーバーは、BNT162b2でワクチン接種された日本人被験者の2回の投与から採取されたSARS-CoV-2(SARS-CoV-2)血清サンプルの中和能力を分析しました。

ステイディ: 血清/IgG中和活性は、さまざまなVOC(アルファ/ベータ/ガンマ/デルタ)およびVUM(カッパ)を含むSARS-CoV-2の10の臨床分離株に対してワクチン接種されたBNT162b2全体から得られました。。 画像クレジット:spaxiax / Shutterstock

バックグラウンド

中国の武漢でSARS-CoV-2が発生した後、2019年後半に、コロナウイルス2019(COVID-19)のパンデミックが前例のない速度で世界的に広がりました。 現在までに、SARS-CoV-2は世界中で4億8500万人以上の症例と610万人の死亡を引き起こしています。

SARS-CoV-2の大流行が始まって以来、世界中の製薬会社や科学者はCOVID-19に対する効果的なワクチンの製造に懸命に取り組んできました。

現在までにSARS-CoV-2に対して臨床的に承認されたワクチンは30以上あり、COVID-19に関連する死亡を大幅に減らしています。 しかし、後に出現したSARS-CoV-2デルタ、ベータ、ガンマ、アルファオブコンサーン(VOC)の亜種、および監視下のカッパ亜種(VUM)は、ウイルスの適応度を高め、COVID-19またはワクチン接種に対する免疫回避能力を高めました。 誘発された免疫応答。

勉強について

現在の将来の研究では、研究者は、日本の熊本総合病院から3週間のギャップを持ってBNT162b2COVID-19ワクチンを2回接種した225人の医療関係者を150日以上監視しました。 中和活性は、野生型(WT)株と9つの異なる変異体(デルタ、ガンマ、ベータ、アルファVOC、カッパVUMからなる)を含むSARS-CoV-2の10の分離株に対する血清サンプルの50%(NT50)であり、分析された60最初の投与から数日後。 この評価は、膜貫通型Vero E6セリンプロテアーゼ2(TMPRSS2)細胞を使用して、WT株に対して211血清、他の9つのSARS-CoV-2変異体に対して45血清で実施されました。

疑似または組換えSARS-CoV-2ウイルスの代わりに、この研究で使用されたSARS-CoV-2株および変異体は、日本の病院または空港検疫所の患者から分離された感染性ウイルスでした。

抗ウイルス活性または免疫グロブリンG(IgG)の最大有効濃度の半分(EC50)を、BNT162b2の初回投与から60日後の10のSARS-CoV-2分離株に対する45の血清サンプルで評価しました。 抗ウイルス活性は、高(IgG)として分類された被験者からの血清サンプルで推定されました。平均)または中程度(IgG。)適度)WT株に対する各SARS-Cov-2変異体に対する中和活性に応じたレスポンダー。 IgG濃度は、28日、90日、および150日の時間枠で25人の被験者からの血清サンプルについて推定されました。 次に、これらの血清サンプルにおけるIgG活性の時間依存性変化を、10個のSARS-CoV-2分離株に対して評価しました。

結果と考察

結果は、スパイク(S)発現領域にD614G、N501Y、E484K、およびK417N変異を含むSARS-CoV-2ベータ変異体がCOVID-19ワクチンに対する感受性プロファイルの最大の低下を示したことを示しました。 ベータVOCの平均NT50減少は、SARS-CoV-2 WT分離株について、中程度の応答者と高い応答者でそれぞれ83.4%と88.5%でした。

IgGの絶対EC50推定値平均s対WT、VOC、およびVUMの隔離は、IgGのEC50推定値より1.9〜3.2倍低かった。適度s。 著者によると、この違いは、高応答者のIgG品質が優れているか、中程度の応答者よりも高応答者のSARS-CoV-2S特異的IgGの量が多いためでした。 最初のCOVID-19ワクチン投与後28、60、90、および150日での高応答者の血清中和活性は優れており、中程度の応答者と比較してゆっくりと減少しただけでした。

SARS-CoV-2変異体の出現の年代順は、WT株、ベータVOC、アルファVOC、デルタVOC、カッパVOC、およびガンマVOCでした。 しかし、ワクチンによって誘発された中和活性に対して評価された10のSARS分離株の脆弱性は、それらの出現の時系列に従って減少しませんでした。 これらの結果は、SARS-CoV-2変異体が系統発生的特徴に基づいて時系列で発生しなかったことを示しています。 さらに、彼らはまた、局所的な進化と伝染を介したSARS-CoV-2変異体の出現を示唆しており、さまざまな起源と伝染経路を持つ近隣の国や地域に各ウイルスが共拡大する傾向があります。

インドに由来するSARS-CoV-2カッパおよびデルタ変異体は、BNT162b2ワクチン接種によって誘発されたIgGの抗ウイルス特性の明らかな時間依存性の低下を示しました。 カッパは中程度から強い免疫回避表現型を持っていましたが、これはおそらくSコード領域のE484Q変異に起因しますが、デルタ変異体はこのアミノ酸に変異を含んでいませんでした。 BNT162b2でワクチン接種された日本人被験者の2回の投与からのIgGは、最初の投与から約150日後の比較的長い間、デルタVOCに対して中和活性を示しました。

結論

研究結果は、Day-60対SARS-CoV-2ベータVOCの血清NT50が、評価された他のSARS-CoV-2分離株と比較して最も高い減少を示したことを示しました。 中等度のレスポンダーのためのIgG(IgG適度s)および高架レスポンダー(IgG平均s)WT株と比較してすべてのSARS-CoV-2変異体に対してEC50変化の等しい倍数を示します。 ただし、IgGの絶対EC50適度sはIgGの2〜3倍でした平均■すべてのSARS-CoV-2バリアントに対するEC50。

28日から150日までの複数の時間間隔で測定されたIgGのEC50は、いくつかのSARS-CoV-2およびKappaVUMVOCに対するIgG活性の時間依存的な減少を示しました。 ただし、両方のIgG EC50は、DeltaVOCに対して150日のタイムスタンプで少なくとも長い間有意に有益でした。

全体として、現在の研究は、日本でのワクチン送達の急速な拡大が、VOCのデルタ拡散を介したSARS-CoV-2パンデミックの封じ込めに非常に効果的であることを強く示唆しています。 この研究はまた、COVID-19ワクチンの抗ウイルス効果とワクチンによって誘発される免疫応答への深い洞察を提供します。

*重要な注意点

Research Squareは、査読されていない一次科学レポートを公開しているため、決定的なものと見なしたり、臨床診療/健康関連の行動を導いたり、確立された情報として扱ったりするべきではありません。

READ  ニュースナビゲーター:なぜCOVID-19ワクチンブースト用量が必要なのですか?