Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

科学者は、一般的な食用色素が炎症性腸疾患を引き起こす可能性があると警告しています

研究者は、Allura Red 食用色素を長期間摂取すると、炎症性腸疾患 (IBD)、クローン病、および潰瘍性大腸炎の原因になる可能性があると述べています。 この食用色素は、キャンディー、ソフトドリンク、乳製品、および一部のシリアルの一般的な成分です.

科学者は、アルーラ レッド AC への継続的な暴露が腸の健康を害し、炎症を促進することを発見しました。

アルーラ レッド (FD&C レッド 40 およびフード レッド 17 とも呼ばれる) は、キャンディーやソフト ドリンクから乳製品や朝食用シリアルに至るまで、さまざまな食品の一般的な成分です。

マクマスター大学のワリオル・カーン氏によると、食用色素アルーラ・レッドの長期摂取は、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患 (IBD) の原因となる可能性があります。 IBDの実験動物モデルを使用して、研究者はAllura Red ACへの継続的な曝露が腸の健康に害を及ぼし、炎症を促進することを発見しました.

この染料は、腸のバリア機能を直接破壊し、腸内に見られるホルモン/神経伝達物質であるセロトニンの産生を増加させます。これにより、腸内微生物叢の組成が変化し、大腸炎に対する感受性が高まります。

ワレオル・カーン

ワレオール・カーン。 クレジット: マクマスター大学

カーン氏によると、アルーラ レッド (FD&C レッド 40 およびフード レッド 17 とも呼ばれます) は、キャンディー、ソフト ドリンク、乳製品、および一部のシリアルの一般的な成分です。 染料は、食品に色や質感を加えるために使用され、子供たちを魅了することがよくあります。

Allura Red などの合成食用色素の使用は、過去数十年にわたって大幅に増加していますが、これらの色素が腸の健康に及ぼす影響に関するこれまでの研究はありません。 カーンと彼のチームは、12 月 20 日、Nature 誌に調査結果を発表しました。

“The literature suggests that the consumption of Allura Red also affects certain allergies, immune disorders, and behavioral problems in children, such as attention deficit hyperactivity disorder.”

Khan said that IBDs are serious chronic inflammatory conditions of the human bowel that affect millions of people worldwide. While their exact causes are still not fully understood, studies have shown that dysregulated immune responses, genetic factors, gut microbiota imbalances, and environmental factors can trigger these conditions.

In recent years there has been significant progress in identifying susceptibility genes and understanding the role of the immune system and host microbiota in the pathogenesis of IBDs. However, similar advances in defining environmental risk factors have lagged, he said.

Khan said that environmental triggers for IBDs include the typical Western diet, which includes processed fats, red and processed meats, sugar, and a lack of fiber. He added that the Western diet and processed food also include large amounts of various additives and dyes.

He added that the study suggests a link between a commonly used food dye and IBDs and warrants further exploration between food dyes and IBDs at experimental, epidemiological, and clinical levels.

Reference: “Chronic exposure to synthetic food colorant Allura Red AC promotes susceptibility to experimental colitis via intestinal serotonin in mice” by Yun Han Kwon, Suhrid Banskota, Huaqing Wang, Laura Rossi, Jensine A. Grondin, Saad A. Syed, Yeganeh Yousefi, Jonathan D. Schertzer, Katherine M. Morrison, Michael G. Wade, Alison C. Holloway, Michael G. Surette, Gregory R. Steinberg and Waliul I. Khan, 20 December 2022, Nature Communications.
DOI: 10.1038/s41467-022-35309-y

The study was funded by the Canadian Institutes of Health Research.

READ  これが、色あせたインサイト火星着陸船からの最後の自撮り写真です