Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

科学者はダチョウの細胞を使用して、輝く政府の検出マスクを作成します。 コロナウイルス

日本の研究者は、ダチョウ抗体を使用して紫外線下で光ることによりGovt-19を検出するマスクを開発しました。

坂本康弘氏と西日本の京都府立大学の彼のチームによってなされた発見は、より低コストで自宅でウイルスをテストするのに役立ちます。

鳥は病気に対して強い耐性があることを示した以前の研究に基づいて、科学者はウイルスを標的とするダチョウ抗体でコーティングされたマスクフィルターを開発することから始めました。

小規模な研究では、被験者はマスクを着用し、8時間後にフィルターを取り外し、ウイルスが存在する場合は紫外線の下で光る化学物質を噴霧しました。 甲状腺腫のある人が着用するフィルターは、鼻や口の周りに輝きを引き起こす可能性があります。

ウイルスが検出された場合、チームは特別な照明なしで自動的に光るマスクをさらに開発したいと考えています。

スカモトヤスヒロはダチョウの卵を持っています。 写真:京都州立大学/ロイター

獣医学の教授で大学の学長であるスカモトは、長年にわたってダチョウを研究し、鳥インフルエンザ、アレルギー、その他の病気と戦うために免疫系を改変する方法を探しています。

スカモト氏は、特別なマスクを着用した後、政府に対する彼自身の積極性を発見したと京都通信社に語った。 診断は、標準的な検査の後に確認されました。

READ  日本の豚肉の輸入はわずかに減少しています