Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

科学者:空中からの衝撃波が日本全土で記録された

日本の研究チームは、土曜日にトンガから火山が噴火してから約7時間後に、空中を通過する衝撃波が日本中で観測されたと述べた。

高知工科大学のチームは、全国25か所に監視装置を設置しています。 これらの装置は、地震や火山の噴火によって引き起こされる、人間が感じるには低すぎる周波数の衝撃波を検出するように設計されています。

チームによると、噴火後、すべての場所で同じ特性の衝撃波が観測されたという。

チームによると、これまでの分析では、爆発から約7時間後に装置が長波長の衝撃波を検出し始めたことが示されています。

また、約25分後、約1時間、短波長の強い衝撃波を繰り返し記録したとのことです。

全国で同じ特性の衝撃波を同時に観測することは非常にまれだと、山本正幸教授は語った。 その結果は火山噴火の大きさを裏付けていると彼は言った。

チームは、さらなる分析のために、国内の他の専門家とデータを共有します。

山本氏は、波の性質の変化を分析することで、火山から約8000キロ離れた日本に到達した津波のメカニズムを明らかにしたいと述べた。

READ  クリーンルーム技術機器市場2021年予測、需要、地域分析、業界のバリューチェーン