Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

空飛ぶタクシーは日本でも本格的に普及する予定なのでしょうか、それともテクノロジーや安全障壁によって混乱に直面するのでしょうか?

空飛ぶタクシーは日本でも本格的に普及する予定なのでしょうか、それともテクノロジーや安全障壁によって混乱に直面するのでしょうか?

しかし、交通アナリストらは、空飛ぶ自動車をまだ承認している政府はなく、多くの技術的、法的、安全性のハードルをまだ克服する必要があるため、空飛ぶタクシーサービスの開始は差し迫ったものではないと警告している。

ロシア特使が「不当な」駐車違反金の支払いを拒否したことに日本は困惑

「これが一般的になるには、少なくとも3年、おそらく5年近くかかると思います。それでも、特定の道路や高度で、非常に限られた地域で運用する必要があるでしょう」と、自動車特派員のピーター・ライオンズ氏は述べた。 「フォーブス。そして一定のスピード。」

日本はこの状況で世界をリードするという野心を持っているかもしれないが、 移行 大阪万博の主催者は、2025年の開幕時にこの技術を披露したいと考えているが、日本はいくつかの特有の課題に直面している。 これらには、狭い道路や、さらに重要なことに、広範囲にわたる地上送電線のネットワークが含まれます。

2018年、日本は世界で初めて詳細なエアモビリティロードマップを策定し、民間企業、学界、政府が結集して「エアモビリティ革命」を推進した。

2020年東京オリンピックの開会式で空飛ぶクルマが空を飛ぶことが期待されていたが、技術の準備が間に合わなかったためその夢は打ち砕かれ、スポーツイベントは新型コロナウイルスのパンデミックによって頓挫した。

03:02

イスラエルは国内の交通渋滞緩和を目的に、エルサレム上空で中国のドローンタクシーを試験中

イスラエルは国内の交通渋滞緩和を目的に、エルサレム上空で中国のドローンタクシーを試験中

しかし、垂直離着陸が可能で、広い滑走路スペースを必要とせず、最終的には自律的に動作する空飛ぶ自動車の構想は依然として残っています。 支持者らは、これらの車両が道路交通量を減らし、自然災害時に機能することを期待している。

ジョビー・アビエーションは2022年10月、「速く、静かで、排出ガスのない飛行を通じて人々と都市を結びつける」ため、同社の5人乗りeVTOL航空機の商用旅客サービスの運営を日本政府に申請したと発表した。

ANA関係者は今週アジア誌のインタビューで、東京やその他の場所での垂直型空港の開発の日程はまだ決まっていないと述べたが、次のように付け加えた。 大阪ギャラリー 2025 年とは、2024 年または 2025 年初めに航空機の認証が取得されることを意味します。

日本沿岸のマイクロプラスチックは「北大西洋の5,500倍」

「2025年に、ゴビ社は米国に大規模な量産施設を開設する予定であり、これらの車両が大量に生産されれば、米国と日本でどのように配備するかについてより良いアイデアが得られるでしょう。」関係者は語った。 。

同氏は、米国、欧州、日本など、他の多くの民間企業も同様の空飛ぶ自動車プロジェクトに取り組んでいると付け加えた。

レオン氏は、車両技術は大きく進歩しており、おそらく 1 年ほど以内に最初の有人車両が空に飛ぶだろうが、モビリティには依然として多くの障壁があることに同意します。

「私はこれを自動運転の革命に例えています」と彼は言う。 「この技術はしばらく前から存在していましたが、周りを見渡してみると、レベル 3 の自動運転を備えた車が現在道路を走っているのは非常に少数であり、それでも特定の道路で特定の速度でしか走行できません。特定の条件。

日本で英語が衰退し続ける原因は傲慢さと傲慢さなのでしょうか?

「彼らは非常に統制されている。事件もあったのでそれは良いことだ」とリヨン氏は語った。 同氏は、将来的には空飛ぶ乗り物に関わる事故がほぼ確実に起こるだろうとも付け加えた。

車両は電気式になるため、航続距離は対処する必要がある問題であり、初期のユニットは飛行時間30分、最高速度時速120キロに制限される可能性が高いとライオンズ氏は述べ、最初の可能性を期待していると述べた。ルートは、東京湾のプラットフォームから海を南に少し飛んだ羽田空港までのシャトル便となります。

「最初は射程に不安があるだろうし、技術も難しいだろう」とリヨンは語った。

READ  PS5のアップデートで物議を醸しているCronus Zenデバイスが禁止されるようだ