Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

立っていると、年間10マラソンものカロリーを消費する可能性があります-モズレー博士

カロリーを燃焼するのに役立つ簡単な動きが立っています、博士 マイケル・モズリー 見せました。 彼はまた、彼のBBC Radio4ポッドキャストでもっと目立つようにすべき理由を説明しました。 長時間座ることは「非常に悪い健康問題」につながるため、「非常に悪い」場合があります。

立っていることはあなた自身の家の快適さで行うことができる簡単な運動ですが、それでも「驚異的な」量のカロリーを燃焼することができます。

実際、Just One Thingのホストは、10回のマラソンに相当するものを燃やすことができると述べました。

モズレー博士は次のように説明しています。「数年前、私はサラリーマンに1日3時間、1週間余分に立つように依頼した研究に参加しました。

「立っているだけで心拍数が非常に高くなることがわかったので、ある研究者は、1年以上足し合わせると、約10回のマラソンを走っているのと同じカロリーを消費すると計算しました。」

お見逃しなく:

この単純な動きは、カロリーを燃焼するのに良いだけでなく、新陳代謝と骨を助けて、あなたの健康を高めることもできます。

医師はポッドキャストで、立っていることが非常に重要である理由は、利点だけでなく、長時間継続して座っていることが「私たちにとって非常に悪い」ためであると述べました。

博士は言います。 モズレーは付け加えた。

これは、医師がポッドキャストで言及した研究によっても証明されています。

たとえば、1950年の調査によると、バスの運転手は、仕事の座りがちな性質のために、バスの車掌の2倍の心臓発作を起こす可能性がありました。

Just One Thingの医師はまた、長時間座った結果を元に戻すには運動だけでは不十分かもしれないと警告しました。

「今では、勤務時間外にアクティブな生活を送っている限り、お尻に座って多くの時間を過ごしても大丈夫だと思うかもしれません。

「しかし、それは重要ではありません。新たな証拠は、1日に少なくとも40分間適度に激しい運動をしない限り、長時間座っていることによるダメージを元に戻すことはできないことを示唆しています。

さらに悪いことに、長時間座っていると、実際には運動のメリットが減少します。

「座っている時間を分割する必要があるだけだ」と彼は付け加えた。

どれくらい立つ必要がありますか?

モズレー博士は、1時間ごとに数分間立つことを勧めています。

エピソード「スタンドアップ」のゲストである、シュルーズベリー大学センターの応用科学教授であるジョン・バックリーは、次のように付け加えました。 [stand up] 1時間に少なくとも2、3回、2分間。 ただ立ちなさい。

「できるだけ頻繁に移動して立ち上がることを忘れないでください。」

教授はまた、電話がかけられている間、人々は歩く傾向があるので、立っている電話を奨励します。これは、追加の利点を生み出します。

READ  北極海は誰もが思っていたよりも早く隣人に侵略されました