Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第一三共が日本初のmRNA製造施設を設立

第一三共が日本初のmRNA製造施設を設立

日本初のmRNAワクチン施設となります。 このサイトは、COVID-19 の予防接種における地域の自給率を高めるのに役立ちます。 日本のメディアは、計画容量は2024年までに年間2000万回分になると報じた.

記事によると、日本の製薬グループは、政府の補助金を利用して、2027 年までにその施設での mRNA ワクチンの生産を拡大する予定です。

問題の工場は子会社の第一三共バイオテックが運営している。

先月、第一三共は、COVID-19 に対する mRNA ワクチン候補である DS-5670 の販売承認を日本の規制当局に申請したことを発表し、「mRNA ワクチン関連の技術と生産および供給の確立に努めている」と述べた。新興・再興感染症が発生した際の迅速なワクチン供給体制

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)への申請は、日本で承認されたmRNAワクチンを2回接種した約5,000人の健康な成人および高齢者を対象とした臨床試験の結果に基づいています。 同社は、昨年 9 月に規制当局との評価前協議を開始しました。

第一三共は、Omicron アダプティブ ブースターも開発しています。

DS-5670 の臨床開発は、日本医療研究開発機構 (AMED) が推進するワクチン開発プロジェクトと、日本の厚生労働省 (MHLW) が支援するワクチン製造イニシアチブを通じて行われています。

READ  中国は2033年に最初の有人ミッションを火星に送る予定です