Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第二次世界大戦で戦った二世として知られる日系アメリカ人兵士を偲んでスタンプ| 地元のニュース記事

オンタリオ —月曜日の国旗制定記念日に、オンタリオ州の市民は、待望の瞬間を祝うために州中の他の人々に加わります。第二次世界大戦の日系アメリカ人の退役軍人、特に奉仕した人々にうなずく新しい一流の切手の発行です。第442連隊戦闘団で。 二世の兵士のモットーである「GoForBroke」には、1944年の写真に基づいた兵士の彫刻が描かれています。

オレゴンの退役軍人ネッシーからのニュースリリースによると、そのようなスタンプを取得する運動は、3人の日系アメリカ人女性が「SealOurStory」キャンペーンを開始した16年前に始まりました。 リリースによると、「Go to the Break」というスローガンは、日本人移民の両親を持つアメリカ市民として二世として知られていた兵士たちのチームワーク、精神、勇気を表しています。

私に GoForBroke.org、スローガンはハワイのプレーヤーのスラングから派生しました。これは、プレーヤーが「大勝利」のためにすべてを列に並べることを意味します。 そして、それはまさに、ハワイと本土からの日系アメリカ人兵士を含む第442師団のメンバーが「ヨーロッパのドイツ人との戦争とアメリカの人種的偏見との戦争」と戦ったときにしたことです。

戦争のために強制収容所を去る

声明によると、戦争の最後の年に、ネッシーはヨーロッパで戦闘で戦い、太平洋戦争と戦後の日本の占領で言語学者でした。 歴史的な記録によると、1939年に始まった第二次世界大戦の初期には、ネッシーは奉仕することを許可されていませんでした。 しかし、1941年12月7日に日本人が真珠湾を攻撃したとき、それは歴史の流れを変えました。

翌日、米国は日本との戦争を宣言し、2か月以内に、フランクリン・ルーズベルト米国大統領が大統領令9066号に署名しました。これにより、日系人は「米国の敵」として指定され、彼らの土地。 彼らは全国に家を建て、ほとんどすべてを置き去りにしなければならず、1942年から1945年まで続いた強制収容所に投獄されました。

二世がついに戦争に参加することができたとき、多くの人がそうすることを選びました。そして、彼らの家族と友人をキャンプに置き去りにしました。 オレゴンの退役軍人ネッシーによると、これらの収容所に送られた12万人のうち3万3千人が最終的に第二次世界大戦に参加した。 ユニット442は、歴史上最も高く評価されている軍事ユニットの1つになり、メンバーは9,486個のパープルハートと21個の名誉勲章を獲得しました。

彼らはどうやってここにたどり着いたのですか

逮捕された人々の一部と退役軍人は、最終的にマルヘレ郡に定住し、そこでは多くが農場労働収容所に住むように徴兵されました。 そのような最初のキャンプは1942年にニサで組織されました。最終的に、農務局はアイダホ州ミニドカとカリフォルニア州タリー湖に同様のキャンプを設置し、日系アメリカ人労働者を集会センターから輸送しました。

この地域に定住した退役軍人の1人は、オンタリオ州出身のトム・カマイメイであり、彼はオンタリオ州で仕事をしている人の1人です。

Camimaの孫娘であるRickyCamimaeは、祖父のJoeSaitoが442歳の医師であったHeidiTolentinoとともにTomを称えています。Tolentinoは献身委員会のメンバーであり、月曜日のポートランドの州プログラムで役割を果たしています。

新聞は木曜日にリッキーと会い、第二次世界大戦中の祖父の経験について話しました。 トムと彼の両親がミネドカの労働収容所に送られたとき、トムは約16歳でした、そして彼は最終的に数年間憲兵として軍に加わることを志願し、ドイツが降伏したとき、そして誰もが潜在的な戦闘に展開しようとしていました家に出荷されました。

リッキー氏は、ここに定住したトムの男たちのほとんどはすでに亡くなっていると述べ、オンタリオで毎年開催される復員軍人の日パレードに参加するなど、「仲間と一緒に行って何かをする」と付け加えた。

リッキーはペイエット高校の教師であり、妻と末っ子のリッキーの父親がもう生きていないため、彼女は定期的に祖父を訪ねています。 彼女は彼の他の息子がニサとダラスにいると言いました、そしてリッキーは今サウスカロライナにいるので、彼女の妹はトムと一緒にパーティーに出席するでしょう。

彼は強制収容所や戦争での彼の経験についてあまり話しませんが、リッキーに目立つことはほとんどありません:彼と彼の仲間についての彼女の祖父の話、彼らが共有したいくつかの言語と彼らが直面したアパルトヘイト。

「当時は大変でした。想像もできませんでした。海外に行ってもレストランには行けません」とリッキーは語った。

しかし、時折彼らにサービスを提供する「特別なレストラン」がいくつかありました。

行くところ、ドイツは降伏しました

リッキーによれば、トム・カミマエはドイツが降伏した方法に感謝しており、当時はまだ軍隊に所属していたが、戦闘への参入に直面する可能性があった。

トムが最初にミネドカの強制収容所に到着したとき、他の人たちと同じように、彼はすべての所有物を置き去りにしなければなりませんでした。

そのため、彼はキャンプで多くの木工をすることになり、生涯の趣味として続けてきました。 リッキーは高校卒業のために彼に与えた毛布を入れるために彼女に箱を作ったと言った。

彼女はまた、彼がチーム442と「ゴー・フォー・ブローク」に関するいくつかの良い本と、トムが強制収容所にいたときから「年鑑」と呼んでいるものを持っていると言いました。

「彼は亡くなった442人の友人の写真を参照している」とリッキーは言った。

トムは最終的にオンタリオに定住し、故郷のように感じたと彼女は言い、ここで家族を育てることが彼にとって重要であると付け加えた。

リッキーは彼女の祖父を「誰の一番のファン」と表現し、高校や大学でスポーツをしているときに自分自身を含めました。 彼女はそれらのゲームの間に、彼は彼女と彼女のチームメイトのために彼女のおにぎりを持ってくるだろうと言いました。

リッキーは、96歳のとき、トムはまだ運転していて、通常の日常生活を送っていると言いました。 これには、ソリティアをしたり、サボテンや牡丹を植えたりすることが含まれます。

「忙しい蜂だ」と彼女は言った。 「彼は、特に彼が経験したすべてのことで、とても前向きなインスピレーションを与えてくれます。」

シーリングの重要性

元知事のテッド・コロンゴウスキーが、ポートランドのプログラムの名誉会長に任命されました。

「日系アメリカ人の第二次世界大戦の退役軍人は、家族がアメリカの土地の強制収容所に投獄されている間、民主主義のために戦った」とオレゴン州のネッシー退役軍人のプレスリリースは述べた。 彼らはアメリカを信じていた。 それらに敬礼します。 忘れません。

歴史の瞬間はトム・カマイにとって重要です。

「彼はそれについて非常に興奮している」とリッキーは言い、「家に大打撃を与える」と付け加えた。

トムは、リッキーを助けた賛辞の1つとして、ポートランドのパーティーに参加します。 このプログラムには、アジア系アメリカ人の俳優による日系アメリカ人の兵役に関する短い記事のほか、ポートランドジャズバンド、ミニドカスウィングバンド、ポートランドタイコからの音楽の賛辞も含まれます。

フォーリバーズ文化センターは月曜日の午後に特別なレセプションを主催し、親戚が第442連隊に仕えた地元の家族と祝います。 イベントには、「GoForBroke」のベテランの物語を紹介する写真展「PicturesofCourage」が含まれます。 佐藤心の写真展は、2020年初頭に原野ギャラリーで展示されました。

「アジア系アメリカ人への暴力的な攻撃の恐ろしい増加に伴い、第二次世界大戦中のこれらの日系アメリカ人兵士の愛国心と英雄的な軍事史について学ぶことは重要です」とオレゴン退役軍人ネッシーからのニュースリリースを読みます。 「私たちは、有色人種がアメリカの歴史を通して、しばしば彼らの生涯において、自由と民主主義を維持することに貢献してきたことを学びました。」

アーミーインテリジェンスのベテラン言語学者ジョージ・カタギリの息子であるダグ・カタギリは、プレスリリースで、この祝賀会は、第二次世界大戦のネッシーのベテランの遺産を認め、思い出させるのに役立つと述べました。

「この遺産を築き、人種差別と国内の国家不正の異常なサイクルに耐えながら海外での戦争と戦うことにおける彼らの犠牲を誇張することは不可能である」と彼は言った。

READ  ミッドフィールダーの契約が疑わしいため、リバプールの過渡的な打撃