Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第二次世界大戦で日本と戦ったイギリス人が東京の国立墓地を訪問

第二次世界大戦で日本と戦ったイギリス人が東京の国立墓地を訪問

ビルマ戦役として知られる第二次世界大戦の日本軍に対する自国の最も激しい戦闘の一つを生き延びたイギリス兵が、月曜日の追悼式で無名戦士の墓に献花するために来日した。 調和。

1944年のインド北東部のコヒマの戦い(日本は当時イギリス領だった地域を占領するために戦った)の生存者であるリチャード・デイさん(97歳)は、車椅子から立ち上がり、テーブルの上に赤い花の花輪を置き、彼らの魂に敬意を表した。 東京の国立千鳥ヶ淵墓地にある無名の日本兵。

デイさんは式典後、「とても感動的だったが、ひどい思い出も思い出した」と語った。 花を手向けながら、「人々の叫び声を思い出しました…彼らは母親を追って叫んでいました。」

彼は記念碑で握手をし、その後、イベントに参加した日本兵の親族らと談笑した。

「憎しみを持ち続けることはできない」とデイ氏は語った。 「(そうでないと)お互いを憎んでいるのではなく、自分自身を傷つけているのです。」

ダイさんは10代後半、戦争の最悪期に送られ、日本軍と戦うと同時にマラリアや赤熱などの過酷な状況に直面した。

戦争中に約16万人の日本人が殺害され、その多くは不十分な物資と計画による飢餓と病気でした。

約5万人のイギリス軍とイギリス連邦軍も殺害され、そのほぼ半数は残忍な捕虜収容所で過ごした。 日本の捕虜に対する残忍な扱いに対する強い感情は、戦後何年も英国に残りました。

東海大学の人文・文化教授、鳥貝幸彦氏は、上司から撤退命令を受けて選挙戦から生還した祖父、鳥貝恒雄氏に代わってやって来た。

大学教授はデイ氏と握手を交わし、英国選手の来日を称賛した。 彼は後に、誰もが和解の準備ができているわけではなく、日本人の生存者が来てくれれば良かったと語った。

「友情を育むとき、過去を忘れるのではなく、過去を思い出すことが重要です」と鳥貝さんは語った。

米国、ニュージーランド、オーストラリアを含む東京の旧同盟国の大使館の軍人らが式典に出席した。

イベント主催者のアキコ・マクドナルド氏は、コヒマの戦いで生き残った日本兵の娘で、現在はロンドンに本拠を置くビルマ・キャンペーン協会の会長であり、日本での共同記念碑はコヒマとインパールの戦いで亡くなった人々にとって特に意味があると述べた。

埋葬者の多くは捕虜で、山形や広島と同様に横浜戦没者墓地で祈る日が設けられた。 彼は、戦後の任務中に宿泊したホテルを探しに京都に行き、彼らのおもてなしに感謝したいと考えていました。

READ  グレガー・タウンゼントは、マリーフィールドでの日本「ライオンズツアーの厳しいオープニングゲーム」を信じています