Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第二次世界大戦後、日本人は罰則が免除された後、フィリピンから撤退した

第二次世界大戦後、日本人は罰則が免除された後、フィリピンから撤退した

第二次世界大戦後にフィリピンに残された82歳の日本人女性が日本に到着した。 彼は、マニラが入国管理法違反でかかる人々に科す罰金を免除した後、日本に旅行した最初の戦争避難民の子孫である。

コヤマ・マルガリータ・ヒロコさんは日曜日にマニラを出て日本に向かいました。 彼は日本大使館の職員と空港の支援団体の支援を受けました。

小山さんは日本人の父親と引き離され、戦後フィリピンに残された。 2017年にようやく日本国籍を取得した。

しかし、彼女のような人々は不法滞在者とみなされ、出国時にフィリピン政府から罰金の支払いを求められた。 小山さんは、約3万4000ドルの罰金を支払うよう言われたと語った。

日本領事館職員らとの協議を経て、フィリピン政府は7月、こうした人々に対する罰金を免除することを決定した。 大使館発行の証明書を取得できれば事実上罰金の支払いが免除される。

小山さんは日本にある父親の墓参りをする予定だという。 彼女は、日本に行けるとは思ってもいなかったし、父親に何て言うか分からなかったが、泣くことは分かっていたと語った。

彼の出国に立ち会うために空港にいた在マニラ日本大使館の花田隆宏公使は、日本政府は今後もこのような訪日が可能な限り円滑に行われるよう全力を尽くしていくと述べた。

READ  「ソニックスピードQ&A」は来月日本で放送されます。ソニックの話を聞いてください。