Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第1四半期の日本経済の落ち込みは予想よりも小さい

第1四半期の日本経済の落ち込みは予想よりも小さい






日付


(MENAFN) 設備投資と在庫に関連するデータの上方修正のおかげで、日本経済は今年第 1 四半期に予想よりも小さな縮小を記録しました。 この動向は、日本銀行(BOJ)の今年の利上げ計画を若干裏付けるものとなる。 1─3月期の経済は前年同期比1.8%縮小したが、エコノミストの平均予想1.9%よりも落ち込みが小さく、過去に記録された2.0%縮小よりも縮小した。 四半期ベースでは、物価調整後、経済は0.5%縮小し、先月発表された速報値と一致した。

GDP改定値は設備投資が若干回復していることを示しており、日銀は将来の利上げにある程度の勇気を与えられている。 野村證券のチーフエコノミスト、岡崎公平氏は、修正結果により中銀は設備投資が緩やかながらも上昇傾向にあるとの評価にさらに自信を持てるようになる可能性があると強調した。 金融刺激策の縮小と進行中の円安への対処を目的として、日銀が次回の週次会合で国債買い入れの縮小を検討する可能性があると投資家が予想しているため、この設備投資の緩やかな改善は極めて重要だ。

これらの前向きな修正にもかかわらず、今四半期の全体的な見通しは依然として不確実です。 アナリストらは、日本経済は今年最初の3カ月で最低水準に達した可能性があると指摘している。 しかし、円安の進行や大手自動車工場の混乱が続いており、4─6月期の経済見通しには引き続き影を落としている。 しかし、2024年3月期下期の設備投資の上方修正は、経済投資にとって前向きなシグナルであり、広範な経済的課題の中で一縷の希望をもたらしている。

MENAFN10062024000045015682ID1108313972


ミナフN




法的放棄声明:
MENAFN は情報を「現状のまま」提供し、いかなる種類の保証も行いません。 この記事に含まれる情報の正確性、内容、画像、ビデオ、ライセンス、完全性、合法性、信頼性について、当社は一切の責任を負いません。 この記事に関して苦情や著作権の問題がある場合は、上記のプロバイダーにお問い合わせください。

READ  日本の首相がウクライナと中国を中心に東南アジア訪問を開始