Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第13回トロント日本映画祭が第1ラウンドの作品を​​発表

日系文化センター主催の第13回トロント日本映画祭は、6月6日から20日まで日系文化センターの小林ホールで開催される。 この映画祭は現在、この種の映画イベントとしては世界最大級に成長し、日本映画を世界に発信する重要なチャンネルとして日本の映画業界に認知されています。

TJFFは、世界第4位の映画産業の豊かな多様性を反映するようプログラムされており、2024年版では渡辺アンと奥田瑛二主演の関根光才監督のミステリードラマ『STAY MUM「かくしごと」』の国際初演を含む24本の映画が上映される予定だ。

北米初演には、河合勇人による 47 RONIN の物語のコミック「Don't Lose Your Head!」が含まれます。 第36回東京国際映画祭で観客賞と最優秀監督賞を受賞した『NORMAL DESIRE「正欲」』は、加賀温泉郷の伝統的な温泉旅館「THE 踊る大神」を舞台にした雑賀俊郎監督の騒々しいミュージカルコメディ。 「レディ加賀」と松山弘明の軽妙な探偵スリラー「ミステリーと言うな勿れ」。

カナダ初演の中には、三原光宏監督の親密なグルメスリラー、TAKANO TOFU「高野豆腐店の春」、91歳の巨匠・山田裕二監督の91作目「お母さん、あなたですか?!」も含まれます。 「こんにちは、お母さん」と、台湾のヒット作「マイ・ミッシング・バレンタイン」のリメイクである、山下敦弘の愉快でシュールなロマンティック・コメディ「ONE SECOND AHEAD, ONE SECOND BEHIND」「1秒先の彼」。

オスカー賞を受賞した宮崎駿監督の『少年と鷺』の特別版も発表され、作曲家の久石譲による序文、アニメーション監督の本田武史とのドローイングセッション、そして鶴岡恵子の心からの伝統芸術の融合が特色となっている。 家族間の対立と伝統的な男女役割問題をテーマにした津軽塗ガール「バカ塗りの娘」、中良幸吉監督による刺激的で興味深いドキュメンタリー「LIFE IS CLIMBING」アン・リード小林光一、鈴木直也監督共演「ライフ・イズ・クライミング!」 (IFSCから4度の障害を経験した世界クライミングチャンピオン)が参加しています。

トロント日本映画祭の全上映作品の複数枚チケットと単一チケットが5月に発売されます。 さらなるラインナップの発表については、www.torontojff.com を引き続きご覧ください。

READ  日本シリーズ「今際の国のアリス」がNetflixでシーズン3制作決定