Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第2世代エピデミックの中で戦争中に避難した中国から日本人に帰国した人々



第二次世界大戦後に中国から追放された第二世代の親は、2021年4月4日に福岡の周防区で支援を受ける資格があります。 (ミニチ/井田晃)

福岡-第二次世界大戦後の中国の戦争孤児や他の日本生まれの人々は、帰国した人々への特別な政府支援を受ける資格がないため、コロナウイルス感染と戦うのに苦労しています。

第二次世界大戦の前後に、多くの日本人が満州または現在の中国東北部に移住し、終戦を取り巻く混乱の中でそこに残されました。 その中には、13歳未満の身元不明の戦争孤児や終戦時の13歳以上の女性が含まれていました。 身元が確認された者は、主に1980年代と1990年代に日本に帰国し、母国に永住しました。

中国で生まれた帰国者の中には、年老いた両親の世話をするために日本に来た人もいますが、生計を立てるのに苦労しています。 これらの第二世代の帰還者の多くは、日本語能力の欠如による限られた仕事の機会のためにパートタイムの仕事で生計を立てていますが、コロナウイルスは彼らの仕事を失ったり収入を減らしたりしています。 それに応じて利用できる政府の支援がないため、人々は人々の注意を窮状に引き付けようとしています。

4月4日、九州地方に住む中国から帰国した第2世代グループ約10名、福岡の歓楽街に約300名の会員がチラシを配りました。 彼らは、第一世代の帰還者を支援する中国からの日本人の本国送還に関する法律を第二世代の個人にも適用することを要求している。



第二次世界大戦後、福岡市蘇区で発見された第二次世界大戦後、中国に避難した日本人の子供たちへの支援を求める小島秀夫。 (ミニチ/井田晃)

チラシの配布を手伝ったグループのリーダーは、福岡県シャイムの町に住む児島北天さん(73)。 児島は1947年に満州で生まれました。 家族と一緒に満州に引っ越した母親は、第二次世界大戦後の混乱のため、日本に帰ることができませんでした。 小島の父は中国人で、母は結婚していた。 彼女の母親は1996年に永久に日本に帰国し、翌年児島は母親の世話をするために日本に来ました。 彼は当時49歳でした。

児島は中国で生まれ育ち、来日後、日本語を学びました。 仕事は確保できたものの、同僚とのコミュニケーションが難しく、掃除やレストランでのアルバイトなどに巻き込まれてしまいました。 勤続年数が短いため、年金の支給額は現在月額約19,000円(5175円)。

「中国では、人々は私を「日本人」として差別している。日本では、私は「中国人」と呼ばれている。私は自分の場所を持っていなかった」と彼は言った。 彼は現在、コロナウイルスのために短時間働いているため、収入がさらに減少しています。

2007年、中国に残っている日本人の低所得を加速し、日本に恒久的に帰国した後の自立を支援するための措置に関する改正法。 改正法には、基本年金や生命保険の全額支給など、中国からの帰還者を支援する規定が含まれていました。 2013年の法改正に伴い、永住者の配偶者が支援対象者として追加されました。



第二次世界大戦後に日本人の両親が追放された中国からの第二世代の帰還者は、2021年4月4日に福岡の蘇区で支援を受ける資格があります。 (ミニチ/井田晃)

ただし、両親から召喚されて来日した第二世代の帰還者は、援助の対象とはなりません。 日本政府は、国内の第二世代帰還者の数を理解していませんが、日本語が話せず、安定した雇用を得ているために老後孤立している人がたくさんいます。 児島らによる2017年の調査によると、福岡県外の210人の第二世代帰還者の60%が公的支援を受けている。 九州弁護士会連合会による2013年の77人の調査では、37人が日本語に堪能ではなかったことがわかりました。

厚生労働省は、第二世代の支援について、「第一世代と同様の特殊な事情があり、長期滞在しなければならない。戦争。あらゆる場合に第二世代の支援を行う。中国で生まれ育ち、自由意志で来日した帰国者は難しい。第二世代の動きと彼らの恒久的な解決の遅れは、必ずしも彼ら自身の意志を必要としない」。 「」

福岡支部によると、1990年代から多くの第二世代帰還者が来日した。 第二世代の帰国者は、子供として日本に移住したのか、大人として日本に来たのかによって、言語能力や就職状況に違いがあります。 「一人一人の状況に応じて支援を行うべきだ」とコット氏は強調した。

1972年に日中の二国間外交関係が正常化した後、両国政府は第一世代の日本人の中国からの帰還に関する調査を開始した。 厚生労働省によると、2021年3月の時点で6,724人が恒久的に日本に帰国した。 そのうち2,557人は戦争孤児です。

(日本のオリジナル飯田章、九州通信社)

READ  ソフトバンクのCEOは、ワクチンをキャッチするための日本のレースでオリンピックを非難します