Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

第7波COVID死亡率は第6波の半分

日本の研究者は、今年の夏に日本を襲った感染の第 7 波による 40 歳以上のコロナウイルス死亡率が、今年初めに始まった第 6 波がピークに達したときの半分以下であることを発見しました。

日本保健所長協会のグループは、大阪と茨城を含む10都道府県で、1月から8月までにCOVIDに感染した40歳以上の約55万人の死亡率を比較した。

第6波の死亡率は、1月初旬から4週間で0.62%、同時期から2月末までで0.85%だった。 しかしその後、死亡率は 6 月中旬までの 4 週間で 0.23% まで徐々に低下しました。

第 7 波がピークに達した 8 月中旬までの 4 週間の数値は 0.39% で、第 6 波のピークの半分以下でした。

重症化しやすい高齢者の死亡率も低下している。

Omicron BA.5 の亜種が優勢だった 8 月下旬までの 1 か月間では、60 代で 0.05%、70 代で 0.39%、80 歳以上で 1.81% でした。 その数は、亜種 BA.1 が蔓延していたときの半分以下でした。

研究者は、65 歳以上の人々への追加のワクチン接種が、死亡率の低下に寄与した可能性があると述べています。

大阪府仁川市の保健所長である田中秀夫氏は、COVIDによる死亡者は大幅に減少しており、この事実は、将来の病気に対する社会的反応を計算する際に認識されなければならない.

READ  フェレットはフロリダでコロナウイルスに陽性を示した