Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米ドルの下落は世界中のリスク資産にとって恩恵となる

米ドルの下落は世界中のリスク資産にとって恩恵となる

[ニューヨーク 14日 ロイター] – 米国のインフレ鈍化でドルの下落が加速しており、世界中のリスク資産が恩恵を受けると予想されている。

ドルは昨年の20年ぶりの高値からバスケット通貨に対して13%近く下落し、15カ月ぶりの安値となっている。 水曜日に米国が予想を下回るインフレ統計を発表したことを受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げサイクルの終わりに近づいているとの見方を裏付け、下落が加速した。

ドルは世界金融システムの根幹であるため、ドルが下落し続ければ幅広い資産が恩恵を受けることになる。

ドル安は一部の米国企業にとって恩恵となる可能性がある。通貨安により海外への輸出競争力が高まり、多国籍企業が海外での収益をドルに換算するコストが安くなるからだ。

ビスポーク・インベストメント・グループによるラッセル1000の分析によると、今年市場の上昇を牽引した大手成長企業の一部を含む米国のテクノロジーセクターが海外で収益を上げているのは50%強だ。

ドルで価格設定されている原材料は、ドルが下落すると外国人購入者にとってより手頃な価格になります。 S&P/ゴールドマン・サックス(.SPGSCI)商品指数は今月4.6%上昇し、10月以来最高のペースで上昇した。

ドル安によりドル建て債務の返済が容易になるため、新興国市場も恩恵を受ける。 MSCI国際新興国通貨指数 (.MIEM00000CUS) は年初から2.4%上昇している。

クレディ・スイスの外国為替アナリスト、アルベス・マリノ氏は「市場にとって、ドル安とその主な要因であるインフレ鈍化は、特に米国外の資産にとってはすべての鎮痛剤だ」と述べた。

米ドルの下落は、ここ数日米国債利回りが低下し、ドルの魅力が減退する一方、日本円からメキシコペソまで幅広い他の通貨が上昇したことを受けて起きた。

コーペイの首席市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は「あなたが聞いている音は、外国為替市場全体でテクニカルレベルを突破している音だ」と述べた。 「ドルはFRBが上昇を始める前の水準に向かって推移しており、リスクに敏感な通貨は世界的に上昇していると見られる。」

ドルの価値が継続的に下落すると、ドル資金キャリートレードなどの外国為替戦略の利益が増加する可能性があります。キャリートレードとは、ドルを売って高利回りの通貨を購入し、投資家がその差額を現金化できるようにするものです。

ドルの下落により、今年すでにこの戦略は利益を上げている。ドルを売ってコロンビアペソを買う投資家は、年初から25%の利益を上げたことになるが、ポーランドズロチは13%の利益を上げたとコーペイのデータが示した。

アムンディUSの債券・為替戦略ディレクター、パレシュ・ウパディヤヤ氏はドルに対して弱気だが、カザフスタンゲ、ウルグアイペソ、インドルピーの上昇に賭けている。

ウパディヤヤ氏は「現状を見てみると、ドルの見通しは依然非常に暗い」と述べ、ドル安が続けばキャリートレードが活発化すると予想している。

ロイターグラフィックス

金融政策の世界では、ドルの下落は一部の国にとっては安堵感となるかもしれない。下落する通貨をテコ入れする緊急の必要性がなくなるからである。

その中には日本も含まれています。 米国通貨は今週、対円で3%下落し、対日本通貨では1月以来最大の週次下落傾向となっている。 円安は輸入に依存する日本の経済にとって問題となっており、日本が昨年1998年以来初めて市場介入を行って通貨支援を行うのではないかとの期待が高まっている。

トレーダーらはまた、スウェーデンクローナの弱さを踏まえ、リクスバンクが行動を起こす可能性にも警戒していた。 しかし今週、ドルは対クローナで6%近く下落し、週間としては11月以来最大の下落に向かいつつある。

ソシエテ・ジェネラルの通貨ストラテジスト、ケネス・ブルックス氏は、円高の継続により、投資家がここ数カ月で対円で積み上げた大規模な弱気ポジションを放棄する可能性があり、円高につながる可能性があると述べた。

もちろん、ドルが弱気であることにはそれ自体のリスクがある。 1つは米国のインフレが回復する可能性があり、これによりFRBのさらなる引き締めへの賭けが加速し、今年ブームとなった反ドル取引の多くが解決する可能性がある。

インフレは鈍化しているものの、米国経済は他国に比べて引き続き底堅さを維持しており、米連邦準備理事会(FRB)が近いうちに利下げし、それが短期的なドルの下値を限定する可能性があると考える人はほとんどいない。

しかし、マネックスUSAの外国為替トレーダー、ヘレン・ゲフィン氏は、FRBが他のほとんどの中央銀行よりも早く利上げサイクルを終了し、ドルの長期的な勢いが弱まると考えている。

同氏は、ドルが最近の下落の一部を限定する可能性はあるものの、「半年後に見ると、ドルは現在よりも弱くなる可能性が高い」と述べた。

(ナレーションはサクイブ・イクバル・アハマド)。 Dara Ranasinghe と Ira Iosbashvili による追加レポート。 アイラ・ウスバシュビリ著。 編集:レスリー・アドラー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  2025年にWindows11と互換性のないすべてのWindows10デバイスはどうなりますか?