Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米ドルは新興国の準備通貨としての輝きを失っています

東京発-世界の外貨準備に占める米ドル建て資産のシェアは、中国やロシアなどの新興国がその中で保有を多様化したため、2020年に5年連続で59%に低下し、四半世紀で最低の水準となった。ドルについての懸念。 地平線。

信頼性が高く流動性のある資産として、米国国債は長い間外貨準備の主要な選択肢であり、政府や中央銀行は金融緊急事態の際に一種の準備基金として保有しています。

しかし、国際通貨基金が発表したデータは、ドルが準備通貨としての引き出しを失っている可能性があることを示しています。 コロナウイルスが米国のいわゆる二重赤字を悪化させ、ドルの長期的価値に疑問を投げかけるにつれて、世界中の当局は、金などの非金銭的オプションだけでなく、代替通貨でより多くの資産を比較検討し始めています。

国際通貨基金による149の国と地域の国勢調査によると、2020年末の世界の外貨準備高は合計12.7兆ドルでした。特にドル建て資産は、4%増加して7兆ドルになりました。

みずほ銀行のチーフマーケットエコノミスト、カラカマダイスケ氏は、「これは、新興国がドルに対して現地通貨を廃止し、通貨が上昇して輸出に圧力をかけないようにすることで市場に参入したことも一因だ」と述べた。 米国はまた、広範なコロナウイルス刺激策に資金を提供するために、より多くの国債を発行しました。

しかし、外貨準備の割合として、ドル建て資産は2020年末までに1.7ポイント減少して59%になりました。1995年には最後に60%を下回りました。

2001年末現在、ドル資産は世界の準備金の70%以上を占めていますが、それ以降は減少傾向にあります。

2020年のドル安は、昨年の通貨シェアの下落の一因となった。 しかし、「より長い見方をすれば、米ドルの価値が大きく変化しておらず、世界の準備金に占める米ドルの割合が減少しているという事実は、中央銀行が実際に徐々にドルから離れていったことを示しています。国際通貨基金の2人のエコノミスト、セルカン・アルスラナルバンとシェマ・シンプソン・ベルはIMFブログで述べた。

米国財務省によると、中国は2020年末に1兆7000億ドルの米国政府証券を保有しており、7年前のピークから約20%減少しました。 SMBC日興証券のチーフエコノミストである平山幸太氏は、「中国の財務省の保有物のほとんどは外貨準備の一部である」と述べた。

一部の市場オブザーバーは、米国のジョー・バイデン大統領の就任後、中国の米国債の売り上げが安定し始めたと信じています。

ロシアの持ち株も減少している。 ロシア中央銀行のデータによると、金を含むロシアの外貨準備高の合計は、9月の時点で5,787億ドルでした。 ドル建て資産はその数のほぼ20%を占め、2017年の約半分から減少しました。

ロシアは、米国がクリミアの併合のために国に経済制裁を課した後、ドル資産のダンピングを開始しました。 トルコとブラジルもまた、近年、米国国債を敬遠し始めています。

代わりに、各国は非ドル資産に目を向けています。 国際通貨基金によると、ユーロ建て資産は、6年前の状態に回復したため、2020年末に割り当てられた世界の準備金の21%を占めました。 一部の市場オブザーバーは、欧州連合がコロナウイルスへの対応に資金を提供するためにすべての加盟国に代わって共同債券を発行した後、ユーロの人気が高まったと信じています。

円資産は20年ぶりに6%を上回った。 中国の投資家は2020年に純2.2兆円(202億ドル)の中長期日本債を購入しました。これは、国がドル建ての保有物の一部を円に転換していることを示している可能性があります。

人民元も勢いを増しており、割り当てられた世界の準備金の2%をリードしています。 特にロシアでは人民元が急成長しており、外貨準備のシェアは2017年6月の0.1%から9月には12.3%に上昇している。

価値がどの政府とも関係がない金も勢いを増しています。 ワールドゴールドカウンシルによると、中央銀行は過去10年間にわたって金の純買い手でした。

昨年、金はロシアの外貨準備の割合として米ドルを上回りました。 3月、ハンガリー中央銀行は外貨準備の金の量を3倍の94.5トンに増やし、「政府債務やインフレ懸念の世界的なブームの出現により、安全な資産としての国家戦略における金の重要性が増している」と述べた。

READ  台湾はフィリピン、インドネシア、日本から輸入されたコロナウイルスの7例を記録しています| 英文台湾日報