Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国、捕虜交換のために凍結されていたイラン資金60億ドルを解放

米国、捕虜交換のために凍結されていたイラン資金60億ドルを解放

写真のキャプション、

イランが保有する数百億ドルが米国の制裁により銀行口座が凍結された

米国は、銀行が凍結されたイラン資金60億ドル(約48億ポンド)を韓国からカタールに送金することを認める制裁免除を発表し、イランに拘束されている米国人5人の解放に道を開いた。

アントニー・ブリンケン国務長官は議会に対し、この資金は人道的貿易にのみ使用できるため、イランに「限定的な利益」をもたらすだろうと述べた。

同氏はまた、米国で拘束されているイラン人5人が捕虜交換の一環として釈放されることを確認した。

共和党はこの移管を非難した。

上院議員はジョー・バイデン大統領が「世界で最悪のテロ支援国家に身代金」を支払ったと非難した。

弁護士は、囚人のうち3人はシアマック・ナマジ、イマド・シャルキ、そして同じくイギリス国籍を有するムラド・タフバズであると述べた。 4人目と5人目はすでに自宅軟禁されており、身元は明らかにされていない。

2018年に当時のドナルド・トランプ米大統領がイランとの国際核合意を破棄し、米国による制裁を再発動した2018年以来、石油やその他の輸出でイランに負っている数百億ドルが世界中の銀行口座で凍結されていると考えられている。

米国による免除措置は、欧州、アジア、中東の一部の銀行が韓国に保有する60億ドルをカタール中央銀行に送金する際に罰則を受けないことを意味する。

「イランにある制限付きイラン口座からのこれらの資金の送金を許可する」 [Republic of Korea] ブリンケン氏は月曜議会に宛てた書簡の中で、これら米国人の釈放を促進するには人道的貿易のためにカタールに口座を開設することが必要だと述べた。

同氏は先月、イランが資金を「厳密に人道目的に、厳しく管理された方法で」使用することにカタールが同意したことを認めた。 同氏はまた、イランは資金に直接アクセスすることはできず、米国からの「重大な監視」が行われるだろうと述べた。

こうした主張にもかかわらず、下院外交委員会の共和党委員長は、バイデン政権が「60億ドルの人質取引」と呼ぶものを進めていると批判した。

「しかし、世界最大のテロ支援国であるイランへの60億ドルの資金送金を促進するための制裁を免除するという政権の決定が、アメリカの敵対者に将来の人質を取ろうとする直接的な動機を生み出すことを、私は依然として深く懸念している。」

ホワイトハウスのエイドリアン・ワトソン報道官は、今回の免除は依然として「慎重かつ進行中のプロセス」における「手続き上のステップ」にすぎないと主張した。

一方、イラン外務省報道官のナセル・アル・カニ氏は、捕虜交換プロセスは「すぐに」行われるだろうと楽観的な見方を表明した。

READ  13歳のトランスジェンダーの少女が雄牛の恐ろしい動画を公開