Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国、日本、韓国の沿岸警備隊が海事協力強化のための三者協定に署名 > 米国沿岸警備隊ニュース > プレスリリース

米国、日本、韓国の沿岸警備隊が海事協力強化のための三者協定に署名 > 米国沿岸警備隊ニュース > プレスリリース

カリフォルニア州アラメダ – 米国沿岸警備隊、日本沿岸警備隊、韓国沿岸警備隊の代表は、木曜日に三国間覚書に署名することにより、海事専門知識を強化し、地域協力を強化する継続的な取り組みを表明した。

この協定は、日本、韓国、米国間の三国間協力を合理化するもので、これには東南アジア諸国と太平洋島嶼国連合のための能力構築努力も含まれます。 この意向書は、2023年8月にキャンプデービッドで開催される3か国の首脳による共同声明を予定している。

米国沿岸警備隊副将米国沿岸警備隊太平洋地域司令官アンドリュー・ティオンソン氏は、海上保安庁の作戦副司令官である海上保安庁副司令官渡辺保則氏と会談し、三者書簡を完成させた。 オ・サングァン巡査、韓国海洋警察庁次長。 オ氏は渡辺氏が5月に米国沿岸警備隊太平洋地域司令部を訪問した際に協定が最終決定されることを了解し、4月に協定書に署名した。

大韓民国副総領事 Mr. カン・ヒョンチョル氏は韓国海洋警察と日本総領事の代表として三者署名に出席した。 岸森一氏からも短い挨拶があった。

ティオンソン氏は、「米国、日本、韓国の沿岸警備隊間のこの三者協定は、我が国の沿岸警備隊がインド太平洋地域の海上の安全、安全保障、繁栄を促進するために協力する動機の要である」と述べた。 「これにより、我々の相互間だけでなく、地域内の他の信頼できるパートナーとの多国間活動が強化されるでしょう。」

この条約は、海洋資源を保護する取り組み、違法、無報告、無規制の漁業、捜索救助活動の重要性を特に認識しています。

-USCG-

READ  体操-日本橋本がすべての「新しい」王冠を獲得