Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国、日本、韓国は輸出管理と技術に関してより強力な関係を築くために取り組んでいる

米国、日本、韓国は輸出管理と技術に関してより強力な関係を築くために取り組んでいる

東京の会議室に入ると、米国、日本、韓国の当局者たちの明確な目的意識は紛れもないものであった。 この会議は、前年の8月に始まった継続的な一連の議論であり、ますます複雑化する国際情勢を背景に開催された。 仕事のスケジュールは? ロシア制裁に関する協力を深め、東南アジア諸国との関与を強化し、重要技術や新興技術に対する管理を強化する。 賭け金は高く、コミットメントは明白でした。

三重結合を強化する

テア・D氏を含む出席した当局者らは次のように認めた。 米国産業安全保障局のローズマン・キンドラー氏、日本の経済産業省の猪狩勝氏、韓国産業通商資源省のカムチャン・カン氏は、その取り組みの重要性を強調した。 三者協力。 彼らは、より強力な輸出規制を課し、自国間でベストプラクティスを共有する必要性について声高に主張した。 目標は明確でした。それは、国際平和を維持しながら、サプライチェーンの脆弱性を軽減し、二重用途の材料の悪用を防ぐことです。 キンドラー、イガリー、カンの声は、彼らの統一されたアプローチが有用であるだけでなく、世界の安定を達成するために不可欠であるという共通の信念に共鳴しました。 彼らのこだわり ロシア向け輸出規制の強化は彼らの決意の証しだった。

ASEANに手を差し伸べる

しかし、三国間の協力は国内だけに焦点を当てたものではなかった。 彼らの対話の多くは、東南アジア諸国とのより積極的な関与に充てられました。 東南アジア諸国連合 (ASEAN) は、その戦略的な位置と増大する経済的影響力により、より強靱で安定した地域サプライチェーンを構築するという 3 つの戦略において重要なプレーヤーとして浮上しています。 米国、日本、韓国は東南アジア諸国連合(ASEAN)との協力を強化することで、世界平和を脅かす可能性のある技術進歩や軍民両用製品の悪用に対して、より強力な戦線を築くことを目指している。 このコミュニケーションは輸出管理だけに限定されるものではなく、地理的・政治的国境を越えた相互信頼と協力の風潮の強化にも関係しています。

新興テクノロジーが最前線にある

これらの議論の中心には、未来を形作る重要なテクノロジーと新興テクノロジーがあります。 三国同盟は、これらの技術が悪用されれば勢力均衡を変え、世界平和を混乱させる可能性があることを認識し、これらの技術を管理し制御することの重要性を強調した。 人工知能から量子コンピューティングに至るまで、常に時代の先を行き、これらのテクノロジーが国際安全保障を損なうのではなく確実に強化する必要性が繰り返しテーマとなっています。 当局者らは、これらの技術が平和と安定の維持に尽力する者の手に確実に行き渡るように、これらの技術の共同研究、開発、展開に関する戦略について議論した。

東京での会談は単なる外交的な取り組みではなかった。 これは、安定、安全、繁栄した国際社会という共通のビジョンに対する米国、日本、韓国のコミットメントを再確認する役割を果たした。 議論が終わると、参加者の間には明らかな達成感が生まれました。 しかし、彼らは、その大変な作業はまだ始まったばかりであることを十分に認識していました。 今後の道のりは課題に満ちているが、三者パートナーは協力と相互支援への新たな決意を持って正面から立ち向かう用意があり、共同の努力がより平和で安定した世界に貢献することを保証する。

READ  Starfield は物理的にリリースされない可能性があります