Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国が台湾の副代表を駐日暫定大使に選出

外交筋は木曜日、米国が駐日暫定大使を台湾の副代表に置き換えると述べた。 これは、ソブリン島に対する中国の圧力を軽減するための二国間協力を強化するためのワシントンの努力を反映している。

情報筋によると、ワシントンの本物の大使館である台湾に本拠を置く米国代理店の副所長であるレイモンド・グリーンは、台湾との正式な外交関係を置き換えるために来月初めに日本を訪問する予定です。 現在、東京の米国大使館で暫定広告を担当しているジョセフ・ヤング氏は、6月中旬に辞任する。

グリーンは、2018年にAIT副社長に就任する前に、沖縄の大使館を含む東アジアの外交職を受け入れました。

米国政府筋によると、台湾と日本で物事に精通している人を任命することは、日米の統一についての中国へのメッセージである。

日本の外務省高官は、「これは、日米が台湾を支援する上でより円滑に協力するのに役立つだろう」と述べ、この動きを歓迎した。

ジョー・バイデン米大統領の政権は、前任者のドナルド・トランプ政権が中国を封鎖するための島への支援を改善した後、台湾との関係を深めることを誓った。

ヤングが大使館の暫定大使に任命された2019年7月のウィリアム・ホゲルティの辞任以来、駐日米国大使のポストは空席になっています。

フィデン政権は、2009年から2010年までバラク・オバマ大統領のホワイトハウス首席補佐官を務めた元シカゴ市長のラーム・エマニュエルを駐日新大使に任命する予定です。 しかし、彼の任命の日付は決まっていない。

READ  日本の首相の顧問は最低賃金の引き上げを促します