Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国での発生におけるR.1Covidの新しい亜種の発見。 日本で最初に確認されました

一方、 デルタ変数の支配 アメリカ合衆国 ほぼ普遍的で、別の株のニュースが コロナウイルス病気-19が最近登場しました。

として知られている p 1新しい亜種はケンタッキー州で最初に発見されました。ケンタッキー州知事によると、感染率が最も高い3つの州の1つです。 R.1は、そこにある熟練した看護施設での発生によって最初に特定されました。

より多くの締め切り

疾病管理センターによると 報告、83人の居住者と116人の医療従事者のうち、26人の居住者と20人の労働者がCovidの検査で陽性でした。 28のサンプルが全ゲノム配列決定を受け、3月1日に、それらはR.1株と一致する変異を持っていることがわかりました。 (発生は感染した労働者から始まったと言われています。) [workers] 結果によると、予防接種を受けた人々の間で」。

施設居住者のほぼ90%とスタッフの52%が2回のワクチン接種を受けました。 これらのうち、人口の25.4%と労働者の7.1%が感染しました。 これは、米国疾病予防管理センターによる分析によれば、R.1に対するワクチンからの防御免疫の低下についての懸念を引き起こします。

さらに、報告書によれば、4つの可能な再感染が特定され、「この変異体に対する自然免疫が制限されているか、低下しているという証拠がいくつか提供されています」。 これらの人々のすべてが病気の症状を持っていました。 そのうちの1人が亡くなりました。

CDCはまだR.1を懸念または関心のある変異株として定義していませんが、この株にはいくつかの「関心のある変異」があります。 当局によると、そのうちの1つは「ウイルスの伝染性の増加の証拠を示しています」。 米国疾病予防管理センターによると、「回復期の血清およびワクチン接種後の中和の低下の証拠を示す」という懸念のある変異体も見られます。R.1の別の変異により、中和抗体の有効性が低下する可能性があります。

良いニュースは、感染の拡大にもかかわらず、ワクチン接種は 私は 患者とスタッフの両方の感染と症候性疾患の可能性の低下に関連しています。 さらに、R.1はデルタよりも優れているようには見えないため、デルタよりも転送可能です。 4月22日の時点で、CDCは米国でR.1の1,125例のみを示しています。フォーブスによると、 現在 バリアントの10,000を超える登録済みケース。 しかし、これらの数値は、数百万のデルタケースと比較すると見劣りします。

R.1は、2021年1月に同じ家族の3人のメンバーの間で日本で最初に識別されました。 負傷者の1人は40代で、他の2人は10歳未満でした。 国立衛生研究所によると、「これらの3人の患者は日本に住んでいて、海外旅行の歴史がありませんでした」。 報告

2021年4月22日の時点で、国立衛生研究所の分析によると、「日本のR.1株に属するSARS-CoV-2分離株の割合は米国よりも急速に増加した」。

最高の締め切り

の記録 締め切りニュースレター。 最新のニュースについては、フォローしてください Facebookのソーシャルネットワーキングサイトツイッター、 と インスタグラム

READ  ハートリースポーツショーツ 5月6日(木)