Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国とユーロの先物が上昇するにつれて、アジアは遅れをとる

南アフリカからは軽度の症状しか見られなかったという報告がありましたが、亜種が米国の州の約3分の1に広がったため、オミクロンは依然として懸念事項でした。

ロイター

2021年12月6日午前10時50分

最終更新日:2021年12月6日午前11時1分

2021年11月1日、東京の会議場内に電子価格表が展示されています。写真:ロイター

“>

2021年11月1日、東京の会議場内に電子価格表が展示されています。写真:ロイター

ハイライト:

*アジアの株式は下落しているが、米国の先物は反発している

*米国の消費者物価指数はFRBが早期にシャットダウンしたことを確認しました

*長期財務省はいくつかの利益をあきらめます

*サウジアラビアが価格を引き上げると、石油は跳ね返る


サウジアラビアが原油価格を引き上げたため、アジアの株式市場は月曜日の米国とヨーロッパの先物の回復を遅らせたが、債券は最近の上昇の一部を放棄し、石油は上昇した。

11月の米国の混合雇用報告は、連邦準備制度によるより厳しい引き締めに対する市場の期待を揺るがすことはほとんどなく、早期の引き戻しを主張する可能性のある消費者物価報告を待つために1週間を残しました。

南アフリカからは軽度の症状しか見られなかったという報告がありましたが、亜種が米国の州の約3分の1に広がったため、オミクロンは依然として懸念事項でした。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も広い指数が0.4%下落したため、初期の取引は慎重でした。

日本の日経平均株価は、政府が過去最高の4,900億ドルの景気刺激策を計算するために経済成長予測を引き上げることを検討したにもかかわらず、0.6%下落しました。

中国の優良株は、李克強首相が「適切な時期に」銀行の預金準備率を引き下げると国営メディアが伝えた後、なんとか0.7%の上昇を記録した。

困惑した不動産開発会社のチャイナエバーグランデグループの株は、債務返済に十分な資金があるという保証がないと述べた後、11%急落した。

ウォール街は金曜日の後半の落ち込みの後、S&P 500先物が0.4%、ナスダック先物が0.1%上昇し、上昇を狙っていました。 EUROSTOXX 50先物は1.0%上昇し、FTSE先物は0.7%上昇しています。 11月の米国のヘッドラインの給与は低調でしたが、家計調査ははるかに強力で、110万人の雇用が急増し、失業率は4.2%に低下しました。 バークレイズのエコノミスト、マイケル・ゲーベン氏は、「FRBは、これまで考えられていたよりも完全雇用にはるかに近い経済を見据えると思う」と述べた。

「したがって、12月の会合では漸減が加速し、3月には一流の利上げが続くと予想している。2022年には25ベーシスポイントの3回の利上げが続くと予想している。」

先物市場のほぼ全体の価格は、5月までに0.25%、11月までに0.5%上昇します。

現実的であること」

楽観的な見通しは、バンクオブアメリカのチーフ投資ストラテジストであるマイケルハートネットが2022年の株式に弱気であり、「金利ショック」と財政状態の引き締めを予想している理由の1つです。

不動産資産、不動産、商品、ボラティリティ、現金、新興市場に有利に働きますが、債券、クレジット、株式は影響を受ける可能性があります。

今のところ、短期国債利回りは押し上げられていますが、投資家がラリーの早期開始は時間の経過とともに経済成長とインフレを遅らせ、ピーク時の金利を下げることを意味すると投資家が賭けているため、長期的には上昇しています。

米国の10年物利回りは先週約13ベーシスポイント低下し、最後は1.38%で、今年は2年物のスプレッドを最小に縮小しました。

より高い短期金利は、特にオミクロンの変動スプレッドに対して脆弱であると見られているレバレッジ通貨に対して、米ドルを支えるのに役立ちました。

米ドルはオーストラリアドルとニュージーランドドルに対して13か月で最高水準に達しましたが、その指数は主要通貨で96.214と比較的横ばいでした。

ユーロはわずかに1.1295ドルまで下落しましたが、それでも最近の安値である1.1184ドルをはるかに上回っていますが、ドルは安全な場所である円で113.01に落ち着きました。

ビットコインは土曜日にその価値の5分の1を落としました。これは、利益確定とマクロ経済の懸念により、暗号通貨全体で10億ドル近くが販売されたためです。

週末に41,967ドルに下落した後、ビットコインの価格は最終的に48,954ドルになりました。

コモディティでは、金は長期債券利回りの低下からある程度の支持を得ましたが、数ヶ月間、1,720ドル/ 1,870ドルの範囲で横ばいで取引されています。 月曜日の初め、1オンスあたり1,785ドルで横ばいでした。

最大の石油輸出国であるサウジアラビアがアジアと米国への原油の販売価格を引き上げた後、石油価格は反発し、核取引の復活に関する米国とイラン間の間接交渉は行き詰まったように見えた。

ブレント原油は1.45ドル上昇して1バレル71.3​​3ドルになり、米国原油は1.46ドル上昇して1バレル67.72ドルになりました。

READ  11月8日出張、学生、研修生の入国禁止解除