Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国の不良資産融資が差し迫った損失を予測し、日本のアゾラ銀行が3年ぶり安値を記録

米国の不良資産融資が差し迫った損失を予測し、日本のアゾラ銀行が3年ぶり安値を記録

米国の地域金融機関の一晩の損失を受けて、同行の東京上場株は2日続落した。

商業金融業者は木曜日、3月31日終了会計年度の純損失が280億円(1億9,100万ドル)になると予想していると発表した(前年同期は240億円の純利益だった)。 同銀行は来期の純利益を170億円と予想している。

ゴールドマン・サックスのアナリストらは金曜日のメモで「あおぞらは、不動産・商業再開発金融機関や地域金融機関との関係に強みを持つ大手中堅金融業者である」と述べた。

彼らは主に銀行の短期から中期的な収益性見通しを理由に、アゾラ株の売り評価を維持し、目標は1株当たり2,460円程度とした。

あおぞらは木曜日、銀行の自己資本と資産を比較する普通株式Tier1比率が今会計年度末までに6.6%に低下し、目標の7%を一時的に下回るとの見通しを発表した。

SMBC日興証券のシニアアナリスト、佐藤雅彦氏は「米国の商業用不動産の借入コストやその他有価証券の評価損の低下により、近年CET1比率の低下が懸念されている」と述べた。 クライアントへの木曜日のメモで。

「これが他の銀行にどのような影響を与えるかは別の問題だ」と佐藤氏は付け加えた。 「米国の不動産債務は債務総額の10%で、有価証券の含み損によりCET1比率が7%未満となったのは前例がない。」

Azoraのアップデートは、米国の地方銀行ニューヨーク・コミュニティ・バンコープの直後に行われた。 第4四半期には2億5,200万ドルの純損失を報告した

NYCBはこう言って配当を減額した。[built] オフィスセクターの弱さに対処するために当四半期に引当金を投入」 – 昨年流動性ひっ迫に見舞われた米国の地方銀行の体力に対する一部の懸念が改めて浮上した。

この金融業者は、昨年の金融危機で破綻した地方銀行の一つであるシグネチャー・バンクの資産を購入したことへの対応であると述べた。 これらの買収により、総資産は1,000億ドルに達しました。 カテゴリに入れる これにより、銀行はより厳格な流動性基準に従うことになります。

バンク・オブ・アメリカのアナリストらは水曜日のメモで、感染拡大への懸念による米国の地方銀行株の下落は「NYCBに関連する特異な要因によって誇張された可能性がある」と述べた。

「しかし、損失の増加は、商業用不動産のオフィスエクスポージャー、集合住宅向けCREに関連する重要なローンの増加に関連しています。 [commercial real estate] 現在の信用正常化の兆しが業界全体に見られる」とバンク・オブ・アメリカの米国銀行アナリストは書いている。

「NYCBにおける信用/流動性の創出は主に、過去1年間に地域のより大きな同業他社がとった行動に対するキャッチアップ銀行であったことは指摘する価値がある」と彼らは付け加えた。

— CNBCのマイケル・ブルームがこの記事に寄稿しました。

READ  日本では珍しいストライキが見られ、労働者がランドマークのデパートで販売に抗議