Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国の利上げは日本に最大のリスクをもたらすが、景気後退の可能性は低い:ロイターの世論調査

[東京 23日 ロイター] – 来年の日本経済にとって最大のリスクは、米国の金融引き締めが長期化することであると、ロイターが調査したエコノミストの大半が指摘しているが、世界第3位の経済大国である日本が景気後退に陥る可能性は低いとの見方を示した。 .

火曜日の調査結果は、主に米国と日本の間の利回りの相違が原因で、日本がドルに対して 32 年ぶりの安値から通貨を維持するのに苦労しているときに行われました。

10 月 11 日から 20 日に実施された世論調査では、来年の日本経済にとって何が最大のリスクになるかという質問に回答した 29 人のエコノミストのうち、17 人 (59%) が予想よりも長い金利上昇を選択したことが示されました。連邦準備制度の前に。 .

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフエコノミスト、田口晴美氏は、FRBの金利政策は米国の景気後退を長引かせ、深刻化させ、それが世界経済に波及し、ひいては日本の輸出に影響を与えるだろうと述べた。

「急激な円安によって企業が負担増したコストを転嫁することがより困難になっているため、(日本の)企業の支出と賃金に懸念材料をもたらす可能性もある」と彼女は付け加えた。

国際通貨基金を含む世界中の政策立案者は、物価の上昇と借入コストの上昇を理由に、2023 年の世界経済の成長予測を引き下げました。

10月のロイター世論調査の質問では、日本経済に対する最大のリスクとして最大2つの選択肢が認められ、15人の回答者が「米国とヨーロッパの経済成長の減速」を選択し、11人が日本最大の貿易である中国に相当するものを選択しました。相棒。

他の7人は、円安と持続的な物価上昇の悪影響が最大のリスクをもたらすと述べた.

富国相互生命のチーフエコノミスト、高松千由紀氏は、日本銀行(日銀)が超緩和政策に固執する限り、「日本円はドルに対して170ドルまで下落する可能性がある」と述べた。保険。 .

彼女は「北朝鮮や台湾のような地政学的不安定性」から3つを選び、1つは「コロナウイルスの新しい亜種」を選んだ。

ほとんどのエコノミストは、そのようなリスクが日本を景気後退に追いやらないことに同意しましたが、それは主に低いベースによるものであると述べました。

「日本の経済は海外の経済に比べて堅調に見えますが、それは流行からの回復が遅かったからです」と福岡の高松氏は語った。 「まだキャッチアップ成長期にある」。

より高いインフレ、霧の政策見通し

この調査では、消費者物価上昇率が 2023 年 4 月から 6 月までは日銀の目標である 2% を上回ったままになり、来年以降の 3 か月で 1.0% 以下に低下すると回答者が予想していることも示されました。

日本のコア消費者物価は 9 月に 3.0% 上昇し、2014 年以来の最高水準となった。

エコノミストの 4 分の 3 は、少なくとも 2023 年後半までは日本の大規模な金融緩和に変化はないと予想していましたが、FRB のピボットのタイミングを予測することの難しさも、日銀の政策見通しを不透明にしています。

28 人のエコノミストのうち 25 人が、中央銀行の政策の次の変更は緩和の縮小であると述べ、19 人は、フォワード ガイダンスの調整が最も可能性の高い手段であると述べました。

イレブンは、10 年間の利回り規制目標を「約 0%」から引き上げるか、利回りのボラティリティの上限を約 0.25% から拡大することも選択肢の 1 つになると述べました。

調査の他の部分では、34 人の回答者の平均推定値は、日本経済が 10 月と 12 月に年間 2.0% 拡大し、9 月の調査で予測された 1.9% をわずかに上回りました。

2023 年第 1 四半期と第 2 四半期の予測もそれぞれ 0.1 ポイント引き上げられました。

(ロイターのグローバル長期経済見通しの世論調査パックからの他の記事については:)

(この話は、パラグラフ 12 の 2 番目の参照にあるエコノミストの名前のスペルを修正するために言い換えられています)

小宮勘太郎によるレポート。 Anant Chandak、Devayani Satyan、Veronica Khongwer による世論調査。 キム・チャンラン、サム・ホームズ編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  暗号通貨のスタートアップへの熱狂は、次のハイテク巨人を生み出しますか?