Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国の法律事務所アッカーマンが日本ビジネスに焦点を当てたグループを立ち上げる

米国の法律事務所アッカーマンが日本ビジネスに焦点を当てたグループを立ち上げる

2015年6月22日、カリフォルニア州サンディエゴでブリーフケースを持って連邦裁判所に向かって歩く弁護士たち。 ロイター/マイク・ブレイク ライセンス権を取得する

[10月10日 ロイター] – 米国の法律事務所アッカーマンは火曜日、ライバル会社オリック・ヘリントン・アンド・サトクリフから日本のトップディールメーカーを採用し、日本と日本ビジネスに焦点を当てた新チームを立ち上げたと発表した。

同社によると、猿見田博氏はアッカーマンの日本取引グループの共同責任者としてニューヨーク事務所に加わった。 彼は、Orig でも同様の取引実務を主導しました。

アガーマン氏は、ツスニタが日本の無線通信事業者であるNTTドコモを親会社の日本電信電話株式会社から400億ドルで買収すると述べた。 同社は2020年に非公開化された。 NTTによると、これは日本最大規模の株式公開買い付けだという。

アッカーマン氏によると、同氏は米国に本拠を置くアバネア・ファーマシューティカルズの35億ドル買収や米国に本拠を置くアズテックス・ファーマシューティカルズの8億8600万ドルの買収など、いくつかの注目度の高い取引で日本の製薬会社大塚ホールディングスの代理を務めたという。

サブニータ氏は、同事務所の新日本部門チームを率いるアッカーマン弁護士3人のうちの1人である。 マイケル・ドハティ氏が常板氏とともに日本取引チームを率い、リチャード・ブロスニック氏がチームの訴訟責任者を務める。

LinkedIn のプロフィールによると、ブラズニク氏はアッカーマンで 10 年間働いています。 ドハーティ氏のLinkedInプロフィールによると、ドハーティ氏はフェグレ・ドリンカー・ビドル・アンド・リース社での2年間の勤務を経て、3月にアッカーマン氏に加わった。 700人の弁護士事務所のウェブサイトには、取締役会のサルミダ氏、ドハーティ氏、ブロスニック氏を含む10人のパートナーがリストされている。

アッカーマンの企業業務部門の共同責任者ジョナサン・オーナー氏は声明で、アッカーマンの顧客にとって日本の「重要性はますます高まっている」と述べた。

Origの広報担当者は、同社がサルミダ氏を祝福したと述べた。

続きを読む:

日本のNTTワイヤレス部門、トコモを400億ドルで買収へ

日本の大塚製薬がパテントクリフ前でAwaterを35億ドルで買収する予定

日本の大塚製薬が米国のがん治療会社アステックスを8億8600万ドルで買収する予定

デビッド・トーマスがレポート

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます

David Thomas は、法律事務所の戦略、採用、合併、訴訟などの法律ビジネスについてレポートします。 彼はシカゴ出身です。 彼への連絡先は [email protected] および Twitter の @DaveThomas5150 です。

READ  スターバックス ジャパンの最新季節限定商品は桜入り抹茶です