Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国は、日本と中国を通貨慣行の「監視リスト」に入れています

財務省は金曜日、日本と中国は潜在的な「不公正な」通貨慣行を監視している国のリストに残っているが、米国の主要な貿易相手国をマニピュレーターとして指定することを差し控えたと述べた。

同省はまた、通貨操作に関する議会への半年ごとの報告書で、外国為替介入データの公表の失敗と為替相場メカニズムの主要な特徴に関する透明性の広範な欠如を理由に、中国を主要経済国の「外部」と表現した。

「特に国営銀行の活動は、財務省による綿密な監視を必要とする」と報告書は述べた。

同省は、ある国が為替レートを操作して不公正な貿易優位を獲得したかどうかを、米国との貿易黒字の大きさ、GDPのシェアとしての経常収支黒字の大きさ、および外国為替市場。

最新の報告によると、日本は2016年4月以降、各報告の3つの基準のうち2つを満たし、現在、「米国との大幅な二国間貿易黒字と組み合わされた実質的な経常黒字」を抱えています。

日本の経常黒字は、財の輸出の増加により、2020年の2.9%から2021年6月までの1年間でGDPの3.5%に上昇した。 報告書によると、米国との商品とサービスの貿易黒字は、2020年の同時期に比べて26%増加して570億ドルに達しました。

一方、日本の金融当局は、2011年以降、米ドルや他の主要通貨に対して円安を打つために外国為替市場に介入していません。円高は、日本の輸出業者の収益を返還する際の収益に悪影響を及ぼします。

日本と中国に加えて、米国の他の10の貿易相手国が特別な注目を集めた「監視リスト」を作成しました-ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、マレーシア、メキシコ、シンガポール、韓国、タイ、スイス。

スイスは最近リストに追加され、4月の前回のレポートで為替操作国として以前のリストから削除されました。

12月の報告書はまた、ベトナムと台湾が為替操作国と見なされるためのすべての基準を満たしていると述べた。 しかし、財務省は、米国の懸念に対処するための努力が進行中であることに留意して、それをそのように指定することを拒否した。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本のデジタルクラウド | 東アジア・フォーラム