Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国はクーデター中、ロシアの核兵器を懸念していた

米国はクーデター中、ロシアの核兵器を懸念していた

名前をニコライと名乗ったモスクワ人は、他の人たちと同様、名字を明かすことを拒否したが、軍が街を守るために陣地を取るのを眺めていた。

「もちろん怖いです。家に座って何が起こるかを考えるのです」と彼はロイターに語った。

一部のモスクワ住民は、土曜日の出来事の規模を理解するのが難しいと感じた。

学生のウラジミールさんは「本当につらいニュースで、本当に予想外だった。大学から戻ってきたところだ。最後の試験を受けたところだけど、昨夜(試験の)準備をしていたから、このニュースは本当に予想外だった」と語った。どう行動すればいいのかわからない。 まだ頭が立ち直っていません。」

ウラジーミル・プーチン大統領の同盟者であるセルゲイ・ソビャニン・モスクワ市長は、ワーグナーの私設民兵組織の指導者が流血を避けるために戦闘員が戻ると発表する前に、「反テロ政権」が発動していると宣言した。

ピクニックを楽しむ住民で埋め尽くされたキエフの独立広場で、48歳のナタリア・タニチさんは、ロシアの対立を見て一定の喜びを感じたと認めた。

「ロシアで起きていることを楽しんでいる。プリゴジンとプーチンの避けられない対立は予想されていたことだ」と彼女は語った。 でも、彼らが撃ち合って死ねばよかったのに。」

モスクワではガリーナという女性が、何が起こっているのかある種の「挑発」だと思うと語った。

「全然怖くないんです」と彼女は言った。 「私は大統領と国民を信頼しています。」

名前を明かすことを一切拒否したある男性は、これは単なる政治的な駆け引きだと思うと述べた。 「いくつかのイベントが中止になるかもしれないし、私はイベントで生計を立てている。現在もイベントが開催されているので、そのせいで損をするかもしれない」と彼は語った。

「しかし、そうでなければ、それは彼らのビジネスに関するものであり、政治に関するものなので、彼らに続けてもらいましょう。」

READ  中国のプーチン大統領は反西側同盟の強化を目指す