Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国は原子力エネルギー分野で中国に最大15年遅れていると報告書は述べている

米国は原子力エネルギー分野で中国に最大15年遅れていると報告書は述べている

ワシントン—中国政府の国家支援による技術的アプローチと広範な資金提供により、米国はハイテク原子力発電の開発で中国に最大15年も遅れをとっていると、月曜日の報告書が述べた。

ワシントンに本拠を置く超党派の研究機関である情報技術イノベーション財団の調査によると、中国では27基の原子炉が建設中で、平均建設期間は約7年で他国よりもはるかに早いという。

「中国は長期にわたってより近代的な原子力発電所を急速に導入しており、大きな規模の経済と実践による学習効果をもたらしており、これは中国企業が将来的にこの分野でのイノベーションの増加において優位性を獲得することを示唆している」と報告書は述べている。言った。

米国は世界最大の原子力発電所を保有しており、ジョー・バイデン大統領の政権は、気候変動を抑えるには排出ガスのない電力源が重要であると考えている。

しかし、2023年と2024年にジョージア州にある2つの大規模プラントを予算を何十億ドルも上回って稼働させ、何年も延期した後、米国の原子炉は建設されていない。 米国の研究所に建設予定だったハイテク工場は昨年中止された。

中国の国有銀行は最低1.4%の融資を提供できるが、これは西側諸国で利用できる金利よりもはるかに低い。 中国の原子力産業は、中国が再生可能エネルギーや電気自動車などの分野で優位に立つことを可能にした継続的な国家支援と現地化戦略の恩恵を受けてきた。

石島湾にある最初のいわゆる第4世代極低温高温ガス炉が昨年12月に運転を開始した。 中国原子力協会は、このプロジェクトには2,200セット以上の「世界初の機器」の開発が含まれており、現地生産材料の全体的な国産化率は93.4%であると主張している。

ハイテク原子炉の支持者らは、現在の原子炉よりも安全で効率が高いと主張する。 批評家らは、新しい原子炉の一部は核拡散と物理的リスクを引き起こすと主張している。

中国にとってすべてが順風満帆だったわけではない。 中国原子力協会は、原子力部品の生産に深刻な供給過剰があり、「過当競争」により価格が下落し、損失が生じていると警告した。

米国が原子力エネルギーに真剣に取り組むなら、研究開発へのさらなる投資、有望な技術の特定と加速、熟練した労働力の育成支援などを含む強力な国家戦略を策定する必要があると報告書の著者スティーブン・エゼル氏は述べた。

「アメリカは遅れをとってはいるが、技術的には確実に追いつくことができる」とエゼル氏は語った。

米国エネルギー省はこの報告書についてコメントしていない。

READ  鉄鋼メーカーは電気炉の使用を増やす計画