Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国は日本と中国を外国為替ウォッチリストに入れています

経済政策


ワシントン、6月10日(時事通信社)-米国財務省は金曜日、米国との貿易黒字が大きい日本と中国が外国為替活動の監視リストに残っていると述べた。

一方、同省からの半年ごとの報告によると、主要な貿易相手国は、不当な利益を得るために通貨を操作したとは見なされませんでした。

日本については、米国との金利差を中心に大幅な円安が見られた。 報告書によると、真の実効円は「現在50年ぶりの安値に近い」とのことです。

報告書は、新しいコロナウイルスの大流行の中で、「日本の政策立案者は、経済を支援するために適切に大きな財政的および金銭的対応を提供した」と述べた。

同省は、「介入は、適切な事前協議を伴う非常に例外的な状況にのみ限定されるべきである」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信社

READ  ポーランドと日本のスマートグリッドプロジェクトは、風力エネルギー統合のためのバッテリーの適合性をチェックします