Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国は日本を通貨監視リストに入れ、干渉に対して警告している

金曜日の米国財務省は、円が米ドルに対して急速な下落を続けているとしても、外国為替介入は「例外的な」場合にのみ行われるべきであると指摘し、日本を不公正な金融慣行を監視している国の1つとして挙げました。

議会への通貨処理に関する半年ごとの報告書で、同省は「監視リスト」に12の経済国、つまり中国、日本、韓国、ドイツ、イタリア、インド、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、ベトナム、メキシコを挙げました。

このセクターは、ある国が米国との貿易黒字、経常収支黒字、GDPの一部としての量という3つの基準で為替レートを処理しているかどうかを評価します。 外国為替市場への介入。

2021年の動向を記した最近の報告によると、日本は3つの基準のうち2つを満たしている。「重要な経常収支黒字は米国との重要な二国間貿易黒字である」。

外国為替活動に関して2011年以来介入していない日本は、部門が「透明」であると言いました。 しかし、その「確固たる期待」は、介入は「最も例外的な状況での適切な事前カウンセリングによってのみ」行われるべきであるということも強調した。

介入についての同じフレーズは、以前のレポートで見つかりました。 しかし、最近の円安の中で真剣に検討できる選択肢として、日本当局は円買いとドル売りの市場介入を考えている。

円安は、返金時に海外の利益を増やすため、日本の輸出業者にとっては恩恵と見られている。 しかし、原油やその他の商品価格の上昇と相まって、資源不足は輸入コストを上昇させ、個人消費を削減する可能性があるため、国にとって頭痛の種となるでしょう。

日米の金融政策の違いの可能性は、主に円安によるものです。 連邦準備制度理事会が3月に高インフレに取り組むために主要な金利を引き上げることを決定したにもかかわらず、日本銀行は金利をゼロパーセントに保つためにその強力な通貨の切り下げに固執しました。

報告書によると、日本通貨の価値は昨年10%下落し、実質実効為替レートで現在50年ぶりの安値となっている。

報告書は、中国が外国為替介入データを公表しなかったことと、その為替相場メカニズムの重要な側面に関する透明性の欠如が中国を「主要経済国の外」にし、財務省が「外国為替活動を綿密に監視する」ことを強調した。 その国営銀行。」

一方、同省は、スイスは3つの基準すべてを満たし、問題を解決するために「強化された二国間関与」を追求すると述べた。

しかし、それは主要な米国の貿易相手国を通貨ハンドラーとしてラベル付けすることを避けました。

2021年12月の以前の報告によると、ベトナムと台湾は通貨取扱者と見なされるためのすべての基準を満たしていましたが、「強化された関与」の対象となっただけでした。

最近の報告では、両方の経済が「監視リスト」に追加されました。


関連する報道:

日本政府、日銀は急激な円安に懸念を表明

円は対ドルで20年ぶりの安値134円まで下落した


READ  オリンピックチャンピオンのYudoHarikomが日本のスケートボードストリート懸賞をリード