Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国は脱炭素化の取り組みとして日本への水素輸出を目指す可能性がある

米国は脱炭素化の取り組みとして日本への水素輸出を目指す可能性がある

この記事はダウ・ジョーンズ・ダイレクトのライセンスを受けています。 元は共同通信に掲載された記事です。

ジェニファー・グランホルム米国エネルギー長官は4月14日、米国は地球温暖化を抑制する取り組みを加速する「危機感」を感じており、風力や原子力を含むより大規模な二国間エネルギー協力の一環として日本に水素を輸出する可能性があると述べた。

グランホルム氏は、エネルギーと気候に関するG7閣僚会議が4月15日に日本の北部都市札幌近くの港で始まる世界初の日本建造液化水素運搬船による会合で、「これは重要だ」と述べた。 次世代エネルギー源として日本の配送技術に学ぶことが、世界の脱炭素化に向けた「解決策」となる。

米国は今秋、全国規模の水素センターを選定する予定で、日本への輸出は「可能性がある」と評価中のプロジェクトの一つであると長官はG7出席前に京都ニュースとのインタビューで述べた。 週末。

同氏は、温室効果ガスの排出抑制を目指す資源に乏しいアジアの国にとって、水素は「将来に向けたパズルのピース」であると述べ、川崎重工業株式会社が建設した「すいそうフロンティア」は、水素を生産するための協力であると付け加えた。水素。 そのコスト削減は、G-7 メンバー間で議論される議題の 1 つです。

燃料として使用すると水しか排出しない水素は、電気燃料電池自動車や天然ガスの代替品として使用されると考えられていますが、液化した状態での輸送には課題があります。 非常に低い温度。

同氏は、「(水素に対して)同様の野望を持つ国々と喜んで提携できる。水素は最終的には私たち全員が必要とする解決策だからだ」と述べた。

G7閣僚会合では、石炭火力発電所を段階的に廃止する時期など、脱炭素化を加速する方法が焦点となる。

グランホルム氏は、石炭火力発電所の段階的廃止について、「日本も経験していることは分かっているので、できるだけ早く動きたいと思っているが、十分に早く動かなければどの国もその結果を経験している」と述べ、異常気象が引き起こした影響を挙げた。地球温暖化によって。 そしてその結果。

同氏は「われわれは危機感を持っている。昨年はこうした(再生可能エネルギーへの)投資があったにもかかわらず、世界全体で温室効果ガス排出量が1%近く増加した。これは容認できない」と述べた。

同長官は、米国は地熱や洋上風力エネルギーの開発に協力したいと考えており、日本にはこれらの再生可能エネルギーについて大きな可能性があると述べた。

「したがって、私たちが国として持っている目標の1つは、浮体式の低コスト洋上風力発電所を建設し、海岸から吹く信じられないほどの風を利用できるようにすることです」と彼は言いました。

グランホルム氏は、電力部門の脱炭素化に向けた取り組みの一環として原子力発電所を再稼働するという日本の政策は前向きであり、次世代の新型原子炉の開発における技術協力が促進されることへの期待を表明した。

同氏は、福島原発事故後の日本全国の原子炉の停止に言及し、「日本では停止されている原発の一部を再稼働させたいという要望があることは承知している。それは脱炭素化の取り組みにとって重要だ」と語った。 2011年に起きた大地震と津波。

同長官は「日本と米国には原子力エネルギーに関して何十年もの経験がある。我々には黄金基準の規制制度がある」と述べ、エネルギー源の利用を求める国々にこうした原子力の専門知識を提供する意向を表明した。 。

「原子力は、正しく行われれば、二酸化炭素排出量ゼロのベースロード電力となる」と同氏は語った。

READ  日本と中国は来年セキュリティホットラインを運営することに合意した