Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国は9月に日本、オーストラリア、インドとの一人称サミットに目を向ける

外交筋によると、ジョー・バイデン大統領の米国政権は、9月下旬にワシントンで日本、オーストラリア、インドへの最初の「クワッド」国家元首会議を開催する予定です。

対面会議は、ほぼ3月に開催される最初のクワッドサミットに続きます。 この会議は、中国のコミットメントが高まる中、4つのインド太平洋民主主義国間の統一を強調するものです。

米国大統領ジョーバイデンは2021年7月13日にフィラデルフィアに演説します。 (UPI /京都)

10月下旬にローマで開催される20グループのサミットの一環として、バイデンは中国の習近平国家主席と直接関わる「力のある立場」の確立を目指しています。

情報筋によると、クワッドサミットは、9月にニューヨークで開かれた国連総会の公開討論の後に開催されるという。

この議論は一般的に国連に言及されています。 本社でスピーチを行う世界の指導者が一堂に会するが、コロナウイルスの流行の最中に事前に録画されたビデオレポートが許可されるため、日本、オーストラリア、インドの指導者が米国に旅行するかどうかは定かではない。

日本の政治スケジュールも不透明で、菅義偉首相は、自民党党首の任期が終了する9月30日に終了する与党自民党総選挙と、自民党総選挙の2つの大きな試練に直面している。 11月までに開催する必要があります。

6月、インド太平洋ホワイトハウスのコーディネーターであるカートキャンベルは、秋にワシントンで一人称クワッドサミットを開催するという米国の計画について概説しました。

彼はシンクタンクのイベントで、会議ではコロナウイルスワクチンの生産を拡大するための取り組みとインフラプロジェクトへの協力の可能性について話し合うと述べた。

この動きは、発展途上国にシナリオを提供し、ワクチン外交として知られるいわゆる「一帯一路」インフラストラクチャイニシアチブを通じて影響力を高めると考えられている中国に対抗することを意図しているようです。

READ  日本の日立はグローバルロジックを96億ドルで買収