Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国国防長官、イスラエルとヒズボラの戦争回避に向け緊急外交を呼びかけガザニュース

米国国防長官、イスラエルとヒズボラの戦争回避に向け緊急外交を呼びかけガザニュース

ロイド・オースティン米国防長官は、イスラエルのヨアブ・ギャラント国防長官との会談で、より広範な戦争の「惨事」について警告した。

ロイド・オースティン米国防長官は、イスラエルとレバノンの過激派組織ヒズボラとの間の多大な費用がかかる戦争を回避するには外交的解決策が必要だと述べた。

火曜日のイスラエル側のヨアヴ・ギャラント氏との会談で、オースティン氏は緊張激化はヒズボラの「挑発」のせいだとしながらも、全面戦争は関係者全員にとって壊滅的なものであり、地域的な大火災を引き起こす可能性があると指摘した。

外交はさらなるエスカレーションを防ぐ最善の方法です。 オースティン氏は記者団に対し、「イスラエル北部国境に永続的な平穏を取り戻し、民間人がイスラエルとレバノン国境の両側の家に安全に帰れるよう、外交合意の締結を緊急に求めている」と語った。


ヒズボラとイスラエル軍はガザでの戦争が始まって以来、ほぼ毎日銃撃戦を続けているが、ここ数週間の攻撃の激化は懸念を増大させている。

ギャラント氏は、イスラエルがレバノン南部のヒズボラに対して大規模な戦争を開始する可能性があることを度々示唆してきた。 ギャラン氏は火曜日、外交的解決策を見つけるためにオースティンと「緊密に協力」していると述べたが、「考えられるあらゆるシナリオに対する軍事的備え」についても話し合った。

イスラエルはヒズボラがレバノン国境近くの数千人のイスラエル人を自宅から追放したと非難しているが、イランと関連のあるこの組織は紛争中を通じて、より広範な戦争には関心がないとの姿勢を示している。

数千人のレバノン民間人がイスラエルとの国境近くの地域から避難し、80人以上の民間人と非戦闘員が殺害された。 イスラエルでは10月以降、民間人11人が殺害された。

ヒズボラは世界で最も先進的かつ十分に武装した民兵組織の一つとみなされており、同グループとイスラエルとの間で大規模な紛争が発生すれば、双方に壊滅的な影響を与える可能性がある。


ジョー・バイデン米大統領政権はイスラエルに対し、レバノンでのヒズボラとの戦争を回避するよう繰り返し求めてきたが、最近、そのような動きがあればイスラエルは米国の全面的な支援を受けると述べた。

「そのような戦争はレバノンにとって災難であり、罪のないイスラエルとレバノンの民間人にとっては壊滅的な打撃となるだろう」とオースティンは語った。

READ  教皇フランシスコの最新の計画は辞任の噂を煽る| 教皇フランシスコ