Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国株が下落した後、アジア株は主に下落した

東京(AFP)-ウォール街の株価指数が下落した後、木曜日にほとんどのアジア株が下落した。

日本のベンチマーク日経225は0.3%下落して29,598.66で取引を終えたが、岸田文雄首相が金曜日に総額55.7兆円(4,880億ドル)の政府刺激策を提案すると日経が報じた後、一時的に上昇した。 コロナウイルスのパンデミックなどの深刻な懸念が高まるにつれ、集会はすぐに勢いを失いました。

オーストラリアのS&P / ASX 200は0.1%上昇して7379.20になり、韓国のKospiは0.4%低下して2,952.19になりました。 香港のハンセン指数は1.3%下落して25312.09になりました。 上海総合指数は0.4%下落して3,525.09になりました。

シンガポールのIGの市場アナリストであるYeapJun Rongは、次のように述べています。

最近の政府のデータは、コロナウイルスのパンデミックが日本経済に打撃を与え続けていることを示しています。 その理由の1つは、世界第3位の経済大国である自動車の生産に必要なチップやその他の部品の供給不足です。

レストランを早期に閉鎖し、限られた群衆に劇場を開放するという最近の政府の措置の結果としての個人消費への損害は、別の要因です。 日本はこれまで一度も封鎖されたことはありませんが、感染の拡大を抑えるために定期的に「非常事態」と呼ばれています。

SMBC日興証券のチーフエコノミストである牧野淳一氏は、今年始まると当初予想されていた日本の回復は、4月に始まる2022会計年度まで来ない可能性があると述べた。

しかし、極端な悲観論は必要ありません。 自動車生産は、10月から12月の四半期までに通常に戻る可能性があります。

投資家たちはまた、中央銀行が主要金利を引き上げるかどうかを確認するために来週予定されている韓国銀行の政策設定会議を見守っている。 政策立案者はそのような動きをほのめかしました。

ウォール街では、S&P 500は0.3%下落して4,688.67となり、1週間半で過去最高をわずか13.03ポイント下回りました。

ダウ工業株30種平均は0.6%下落して35931.05となり、ナスダック総合指数は0.3%下落して15,921.57となりました。

アナリストが予想していたよりもはるかに強い夏の収益を企業が広く報告したため、株式はこの1か月でほとんど上昇しました。

インフレ圧力とそれが企業の利益に与える影響は精査されており、多くの企業がサプライチェーンの問題や労働者の賃金から原材料に至るまでのすべてのコストの上昇によって利益率が打撃を受ける可能性があると警告しています。

住宅市場に関するレポートは、これらの圧力のいくつかを示しました。 土地建設業者はより少ない家で始めました 経済学者の成長への期待に反して、先月は9月と比較。 しかし、建築許可の数は予想以上に増加し、住宅所有者はこれらの圧力が最終的には後退するのを見ているように見えるかもしれません。

エネルギー取引では、ニューヨークマーカンタイル取引所での電子取引で、ベンチマークの米国原油が72セント下落して1バレル77.64ドルになりました。 水曜日の株価は2.40ドル下落して1バレル78.36ドルとなった。 国際ベンチマークであるブレント原油は45セント下落して1バレル79.83ドルでした。

通貨取引では、最近のドル高の一時停止により、一部のアジア市場が保留になっています。 米ドルは114.14円から114.22円に上昇した。 ユーロは1.1322ドルから1.1319ドルに下落した。

___

影山ゆりツイッターhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  日本株は経済不安で下落、円高